不倫慰謝料300万円を請求されたが、60万円に減額して和解した事例。

性別:女性
年代:20代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:
近藤、橋本

背景

 不倫がバレてしまい、ご相談者は、交際相手、その妻と三者間で話し合いをしました。その際、妻は離婚するつもりだと話していましたが、話し合いの具体的な結論は結局出ませんでした。その後、妻から深夜に何十件も電話を掛けてこられ、「夫にもう会うな」などと要求されました。

 そして、ついには妻の弁護士から内容証明が届きました。その中には、300万円の不倫慰謝料を支払ったうえで、不倫関係を解消せよとの要求が書かれていたのです。どのように対応すればよいか不安になり、ご相談にいらっしゃいました。

 

相談内容と弁護士対応

 ご相談者としては、妻に対して非常に申し訳なく思う気持ちがあり、交際相手との不倫関係を解消することにも異存はありませんでした。ただ、現実的に多額の慰謝料を支払える状況ではなかったのです。

 当事務所の弁護士が減額交渉を続ける中、相手方の弁護士は150万円まで下げてきましたが、そこからはご本人が納得しないということでなかなか減額に応じようとしませんでした。

 

 

結果

 粘り強く交渉を続けた結果、ご相談者が60万円の慰謝料を支払うという内容で、和解が成立しました。

 減額の交渉をするためには、事実だけではなく、相手の立場や状況を把握し、その行動を予測しながら交渉することが大切です。本件も、依頼者と相手の状況を把握しつつ、粘り強く交渉したことによって、大幅な減額に成功しました。