不倫慰謝料500万円を請求されたが、100万円に減額して和解した事例

交際相手の妻が弁護士をつけて500万円の不倫慰謝料を請求してきたが、100万円に減額して和解した事例。

性別:女性
年代:20代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:
近藤、橋本

背景

 ご相談者は、交際相手の妻の弁護士を名乗る人物から、不倫の件で話がしたいというメッセージが携帯電話に入っていることに気づきました。突然のことでどのように対応して良いか分からず、ご相談に来られました。

相談内容と弁護士対応

 妻の弁護士は、ご相談者の悪質性を強調して500万円を請求するとともに、夫に二度と接触しないことを約束せよ、と要求してきました。

 弁護士は、ご相談者が妻に対して深く謝罪する意向があることを伝えた上で、夫からの誘いを断れる立場でなかったことなどを主張し、合理的な金額での和解を求めました。

 

結果

 請求しているご本人の怒りが非常に強く、あと一歩というところで、突然訴訟を提起されましたが、ご本人が訴訟を望まず早期解決を希望されたため、ご相談者が100万円の慰謝料を支払うという内容で、訴訟は取り下げとなり和解が成立しました。

 妻の弁護士を名乗る人物から連絡があった際、ご相談者が自ら対応することなく、すぐに弁護士に相談したのは賢明なことでした。本件は請求側の怒りが非常に強かったのですが、弁護士をつけて交渉することで、ご相談者の言い分をきちんと伝え、合理的なラインで和解することができました。