夫と個人的な連絡をしないことを約束させたうえで不倫慰謝料60万円を回収した事例

性別:男性
年代:50代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:
近藤、橋本

背景

 ご相談者は、夫の浮気を疑い、LINEのメッセージを見たところ、職場の女性と肉体関係を持っていることが明らかになりました。

 ご相談者としては、何よりもまず夫とその女性との関係を断たせたいと思って、ご相談に来られました。

 

相談内容と弁護士対応

 弁護士は、女性に連絡して、ご相談者が大きな精神的苦痛を受けており慰謝料を請求する意向があること、但し今後夫との関係を断つのであれば謝料額については検討の余地があること等について説明しました。

 女性は、その後、弁護士をつけて対抗してきました。

 

結果

 ご相談者に60万円の慰謝料を支払い、ご相談者の夫に個人的な連絡をしないということを女性が約束する内容で、和解が成立しました。

 

 不貞相手の女性に慰謝料請求したことをきっかけに、ご相談者がご主人と今後について前向きに話合った結果、ご主人との関係を修復されたとのことで、早期解決を希望されたため、慰謝料の金額よりも早期解決を優先した解決となりました。