相手方が離婚。120万円に減額して和解した事例

交際相手の夫の弁護士から250万円の不倫慰謝料を請求され、相手方が離婚したことが判明したが、120万円に減額して和解した事例。

性別:男性
年代:50代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:
近藤、橋本

背景

 ご相談者は、既婚女性と交際していました。ある日、「250万円の不倫慰謝料を支払え」と、弁護士を名乗る人物から電話がありました。

 ご相談者としては、女性の夫に対して不倫慰謝料を支払わなければいけないことは分かっているが、本当にそのような金額を支払わなければならないのか、今後どのように対応していけばいいのか、と思って当事務所にお越し頂いたのです。

 

相談内容と弁護士対応

 当事務所の弁護士は、離婚協議の内容や離婚の証拠を明らかにするよう要求したうえで、減額を求めていきました。

 相手方の離婚自体は事実と確認しましたが、先方の弁護士は、離婚協議の内容については明らかにせず、250万円から減額する態度も見せませんでした。

 当事務所の弁護士は、協議内容が明らかにならない以上、高額の支払いには応じられないと反論していきました。

 

結果

 ご相談者は、訴訟提起される前に話し合いで解決することを希望されました。最終的に、120万円を相手方に支払う内容で和解しました。

 

 相手方が現実に離婚した場合の不倫慰謝料の相場は200万円~300万円程度といわれています。離婚時に女性が夫に慰謝料を現実に支払っていれば減額の材料に使えますが、その可能性はどうやら低そうでした。結果として120万円に抑えて示談したのは、有利な解決であったといえます。