肉体関係を否定したうえで早期に和解した事例

ビジネスホテルで一晩過ごした証拠を取られたが、肉体関係を否定できる証拠が残っていたため、10万円で和解できた事例。

性別:男性
年代:30代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:
近藤、橋本

背景

ご相談者は、相手方から、相手方の妻と肉体関係を持ったと疑われて、これから不貞慰謝料を請求するつもりだと通告され、ご相談にいらっしゃいました。

相談内容と弁護士対応

ご相談者が相手方から聞いたところによると、①相手方は離婚に向け夫婦間で話し合っており、②相手方の妻とご相談者がビジネスホテルの一室で夜から朝にかけて一緒に過ごしたことについての証拠を相手方が押さえているようだ、とのことでした。しかし、相手方が疑っているような肉体関係はなかったので、ご相談者としては対応に困っていたのです。

弁護士は、まず、相手方に対してご相談者への要求内容をはっきりさせるように通知しました。そして、肉体関係が本当になかったことを根拠とともに主張しました。

結果

相手方も弁護士をたてて応戦してきましたが、結果的には、キスをした事実があったことからご相談者が10万円の慰謝料を支払うという内容で、裁判にもならずに和解が成立しました。

本件では、ご相談者が、肉体関係がなかったことを推察させるメールのやり取りをきちんと残していたことが有利に働きました。