訴訟せずに不貞慰謝料300万円で合意した事例

裁判にすることなく、300万円の慰謝料を支払うことを認めさせた事例。

性別:男性
年代:40代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:
近藤、橋本

背景

ご相談者は、ふとしたことから妻が不貞していることを知ったため、その相手方に対する慰謝料請求を希望されてご相談にいらっしゃいました。

相談内容と弁護士対応

ご相談者は、妻とその浮気相手とのLINEメッセージの内容や、逢引きの際の写真などを押さえており、まずは浮気相手との決着をつけたいと思っていたのです。

ご相談者の資料には様々なものがあり、その証拠価値もいろいろでしたが、弁護士はこれらを精査し、相手方から予想される反論に備えて、言い逃れをさせない準備を整えたうえで請求を開始しました。

結果

相手方が300万円の慰謝料を支払うという内容で、裁判にすることなく早期に和解が成立しました。

仮に裁判になったとすると、ある証拠からどういう事実があったと認定できるか、がシビアに問題とされます。話し合いの段階でも、そのことを踏まえたうえで交渉を進めていく必要があります。