離婚後に、元妻から不貞を理由として訴訟提起され、離婚慰謝料550万円を請求されたが、140万円に減額して和解した事例。

性別:男性
年代:50代
婚姻歴:
子ども:なし
職業:

担当弁護士:
近藤、橋本

背景

 ご相談者は、不貞を理由に550万円の離婚慰謝料を払えという訴えを元妻の弁護士から提起されて、ご相談に来られました。

相談内容と弁護士対応

 訴状には、ご相談者の不貞の証拠も添付されていました。ご相談者としては、女性と肉体関係を持ったのは元妻との関係が冷え切った後であったことをはじめ、反論したいことが多々ありました。

 その後、元妻の代理人とのやりとりの中で、元妻が既に女性から一定額の慰謝料を受け取っていることが判明しました。理屈上は、元妻が既に受け取った分だけ、ご相談者の支払うべき慰謝料額は減額されることになります。このことも含め、裁判官を通して粘り強く減額交渉を続けました。

 

結果

 ご相談者が、元妻に140万円を支払う内容で、裁判上の和解がまとまりました。

 本件は双方が早期解決を希望しつつも、元妻が希望する和解金が非常に高額だったため、和解期日を重ねることになりましたが、粘り強く和解交渉を続けた結果、最終的にこちらの希望額に近い金額で和解することができました。ご相談者が、最終的に、尋問手続きを厭わず戦う覚悟を決めてくださったことも、よい結果につながったと考えられます。

 特に相手方が弁護士をつけている場合は、ご自身のみで対応すると不利な結果に終わる可能性がかなり大きいため、早めに弁護士に相談されることをお勧めします。