既婚者と知らず…請求額200万→5万で示談 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

解決事例

既婚者と知らず…請求額200万→5万で示談

20代

  • 不倫慰謝料を請求された

相談前

ご相談者は、とある男性と知り合いました。男性は、彼女はいるが全然会えていないと言っていました。一度だけ肉体関係を持ったのですが、その後ふとしたことから、男性が実は既婚者だということが分かりました。 後日、男性からどうしても会いたいと言われ仕方なく赴いたところ、男性の妻(=相手方)が待ち構えていました。相手方はご相談者を一方的に責めてきて、既婚者だと知らなかったというご相談者の言い分は、全く聞いてもらえませんでした。 そして、相手方の弁護士から「200万円の慰謝料を払え」という書面が届いたため、ご相談にお越し頂きました。

相談後

当事務所の弁護士は、相手方の弁護士に対し、ご相談者に責任があるという根拠を示すよう要求しました。 相手方の弁護士は、肉体関係を持つ前に、既婚者であることを男性がご相談者に告げたなどと主張してきました。そこで当事務所は、ご相談者が男性に送信したメッセージの内容を示し、既婚者であると知らずかつ過失もない以上、慰謝料支払義務は全く無いと反論していきました。 ご相談者が早期解決を希望されたこともあって、ご相談者が相手方に解決金5万円を支払う、男性への請求権は放棄しない、との内容で示談がまとまりました。

弁護士からのコメント

「既婚者であると知らずかつ過失もない」場合には慰謝料支払義務はありません。しかし、過失の有無は双方にとってかなり微妙な争いになります。また、「一切支払う義務はない」というゼロ回答だけでは、相手方としても示談に応じる余地がなくなってしまい、結果として訴訟で決着を付けざるを得なくなることもあります。 本件では、ご相談者がメッセージの内容を保管しており、ご相談者が既婚者であることを知らなかったことを裏付ける証拠として(仮に裁判になった場合でも)提出できる状態であったことが、有利な解決につながりました。 なお、男性が未婚だと偽って性交渉に応じさせた点について、男性に対する慰謝料請求も検討の余地があります。

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料500万円を請求されたが、100万円に減額して和解した事例

ご相談者は、交際相手の妻の弁護士を名乗る人物から、不倫の件で話がしたいというメッセージが携帯電話に入っていることに気づきました。突然のことでどのように対応して良いか分からず、ご相談に来られました。  妻の弁護士は、ご相談者の悪質性を強調して500万円を請求するとともに、夫に二度と接触しないことを約束せよ、と要求してきました。 弁護士は、・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

交際相手妻から500万円の要求を受けたが、最終的に100万円で解決した事例

ご相談者のW不倫がばれて、交際相手妻からLINEで連絡が入りました。要求内容としては500万円を払え、交際相手には負担させるな、というものでした。 ご相談者は、夫に秘密で問題を処理したいと考えて500万円を払うと一旦回答したものの、やはり高すぎると思い、回答の撤回と減額を希望されてご相談に来られたのでした。当事務所は相手方に受任通知を送付し、ご相談者本人に・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

700万円超の不倫慰謝料請求を50万円に減額した事例

ご相談者は,交際相手が既婚であることを知らずに交際を始めました。その後既婚であることを知りましたが,関係を断ち切ることができず,最終的には交際相手の子を出産しました。交際相手は,その子を認知しました。 交際相手の妻から,遅延損害金を含め700万円超を支払えとの慰謝料請求訴訟を提起されて,ご相談に来られたのでした。弁護士は,ご相談者が不貞相手と関係を持っ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

相手方離婚。不倫慰謝料を120万円に減額し和解した事例

ご相談者は、既婚女性と交際していました。ある日、「250万円の不倫慰謝料を支払え」と、弁護士を名乗る人物から電話がありました。 ご相談者としては、女性の夫に対して不倫慰謝料を支払わなければいけないことは分かっているが、本当にそのような金額を支払わなければならないのか、今後どのように対応していけばいいのか、と思って当事務所にお越し頂いたのです。当事務所の・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

元妻本人と減額交渉。280万円→45万円に減額

ご相談者のもとに、交際相手の元妻(=相手方)から内容証明郵便が届きました。内容は280万円の慰謝料を払え、というものでした。ご相談者としては、交際を続けるつもりはありませんでしたし、相手方に申し訳ない気持ちもありましたが、かといって高額をそのまま支払うと約束することもできず、弁護士に相談することにしたのです。当事務所の弁護士は、相手方に対し、離婚協議書の内容・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

二人に内縁破棄&不倫慰謝料請求。500万円→一人当たり105万円に減額

ご相談者は、相手方と長期にわたって交際した後、同棲生活を経て結婚式を挙げましたが、考え方の違いから入籍をためらっていました。その不安な気持ちを相談していた男性(Aさん)と関係をもつに至ってしまい、その後同棲を解消しました。相手方の弁護士から、ご相談者とAさんに手紙が届きました。①Aさんへの手紙には、内縁を知って不貞し破綻させたから500万円の慰謝料を支払えと・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士から300万円を請求されたが、70万円で示談した事例

ご相談者のもとに、不倫慰謝料150万円を払えという内容の書面が法律事務所から届きました。そこで法律事務所に連絡すると、電話に出た弁護士から「離婚する方向になったので300万円を請求する」と言われてしまいました。ご相談者はびっくりして、当事務所へご相談されることとなったのです。 相手方弁護士からの書面には、不貞の具体的事実が記載されていませんでした。・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

ラブホテルでの性交渉を否認する相手方に100万円の支払義務を認めさせた事例

ご相談者が夫の行動に不審を抱いて質問したところ、女性とラブホテルに泊まったことを認めました。女性に慰謝料を払えと内容証明を送ったところ、女性は弁護士を付けて、肉体関係はないから支払義務もないと回答してきました。 ご相談者としては、女性の対応には誠意が感じられず、当事務所へ依頼することになったのです。相手方弁護士は、女性が泥酔状態でラブホテルに入ったと認めな・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

事実経緯をもとに反論し慰謝料請求を封じ込めた事例

ご相談者のもとに弁護士から内容証明が届きました。その内容は,ご相談者の不貞のせいで離婚せざるを得なくなった,不倫慰謝料300万円を支払え,というものでした。 ご相談者としては,いろいろ反論はあるものの相手方に弁護士がついている以上自分で対応するのは難しいと思い,ご相談にお越し頂いたのです。当事務所の弁護士は,そもそも肉体関係を持ったのは離婚成立後であっ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫を暴露され退職。不貞慰謝料300万円を50万円に減額した事例

勤務先上司との不倫がその妻(=相手方)にバレてしまい、相手方が社長に不倫を暴露したことで、ご相談者は会社を辞めることになりました。さらに相手方の弁護士と名乗る人物から電話が掛かってきて、どう対処すればいいのかと思いご相談にお越し頂きました。ご相談者としては、これ以上不倫を続けるつもりは全くありませんでしたし、相手方に対して非常に申し訳なく思う気持ちもありまし・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050