既婚者と知らず…請求額200万→5万で示談 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

解決事例

既婚者と知らず…請求額200万→5万で示談

20代

  • 不倫慰謝料を請求された

相談前

ご相談者は、とある男性と知り合いました。男性は、彼女はいるが全然会えていないと言っていました。一度だけ肉体関係を持ったのですが、その後ふとしたことから、男性が実は既婚者だということが分かりました。

後日、男性からどうしても会いたいと言われ仕方なく赴いたところ、男性の妻(=相手方)が待ち構えていました。相手方はご相談者を一方的に責めてきて、既婚者だと知らなかったというご相談者の言い分は、全く聞いてもらえませんでした。

そして、相手方の弁護士から「200万円の慰謝料を払え」という書面が届いたため、ご相談にお越し頂きました。

相談後

当事務所の弁護士は、相手方の弁護士に対し、ご相談者に責任があるという根拠を示すよう要求しました。

相手方の弁護士は、肉体関係を持つ前に、既婚者であることを男性がご相談者に告げたなどと主張してきました。そこで当事務所は、ご相談者が男性に送信したメッセージの内容を示し、既婚者であると知らずかつ過失もない以上、慰謝料支払義務は全く無いと反論していきました。

ご相談者が早期解決を希望されたこともあって、ご相談者が相手方に解決金5万円を支払う、男性への請求権は放棄しない、との内容で示談がまとまりました。

弁護士からのコメント

「既婚者であると知らずかつ過失もない」場合には慰謝料支払義務はありません。しかし、過失の有無は双方にとってかなり微妙な争いになります。また、「一切支払う義務はない」というゼロ回答だけでは、相手方としても示談に応じる余地がなくなってしまい、結果として訴訟で決着を付けざるを得なくなることもあります。

本件では、ご相談者がメッセージの内容を保管しており、ご相談者が既婚者であることを知らなかったことを裏付ける証拠として(仮に裁判になった場合でも)提出できる状態であったことが、有利な解決につながりました。

なお、男性が未婚だと偽って性交渉に応じさせた点について、男性に対する慰謝料請求も検討の余地があります。

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

W不倫で慰謝料600万を請求されたが、220万に減額し求償も同時決着した事例

妻のいるご相談者は、人妻である不倫相手とW不倫の仲でした。ご相談者は、不倫相手の夫の弁護士から不倫慰謝料を請求されて、ご相談にお越しいただきました。弁護士は、そもそも離婚は本当なのか、仮に本当だとして不倫相手が夫に慰謝料を支払う形で合意していないか、を確認しようとしました。離婚にならない場合の慰謝料額はそもそも低額になりますし、不倫相手が夫に慰謝料を実際に支・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

二人に内縁破棄&不倫慰謝料請求。500万円→一人当たり105万円に減額

ご相談者は、相手方と長期にわたって交際した後、同棲生活を経て結婚式を挙げましたが、考え方の違いから入籍をためらっていました。その不安な気持ちを相談していた男性(Aさん)と関係をもつに至ってしまい、その後同棲を解消しました。相手方の弁護士から、ご相談者とAさんに手紙が届きました。①Aさんへの手紙には、内縁を知って不貞し破綻させたから500万円の慰謝料を支払えと・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料と弁護士費用で330万円を請求されたが、70万円に減額和解した事例

ご相談者の元に、不倫相手の妻(=相手方)の弁護士から内容証明が届きました。ご相談者の不倫のせいで婚姻関係が修復困難となった、慰謝料と弁護士費用を合わせた330万円を1週間以内に振り込め、という内容でした。ご相談者としては不倫を続ける意思は全くなく、相手方に対して非常に申し訳なく思っており、合理的な金額を支払う内容での示談を希望していました。当事務所の弁護士は・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

交際相手の子を中絶。500万円の請求を50万円に減額し解決した事例

交際相手の妻(=相手方)の弁護士から、ご相談者の職場に内容証明が届きました。その内容は、ご相談者が交際相手の子を妊娠したことで精神的苦痛を受けたというもので、慰謝料500万円を請求するというものでした。 ご相談者は、相手方に迷惑をかけて申し訳ないという気持ちでしたが、すぐに払える額ではありませんし、どのように回答すればよいかと思って当事務所にご相談いただく・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

700万円超の不倫慰謝料請求を50万円に減額した事例

ご相談者は,交際相手が既婚であることを知らずに交際を始めました。その後既婚であることを知りましたが,関係を断ち切ることができず,最終的には交際相手の子を出産しました。交際相手は,その子を認知しました。 交際相手の妻から,遅延損害金を含め700万円超を支払えとの慰謝料請求訴訟を提起されて,ご相談に来られたのでした。弁護士は,ご相談者が不貞相手と関係を持っ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

誓約書後に接触。870万円以上の請求を違約金未満に大幅減額した事例

ご相談者のもとに、弁護士から内容証明が届きました。実は、ご相談者は交際相手の妻(=相手方)に不倫がバレた際、不貞を認めたうえで今後は交際相手と接触しない、接触したら違約金300万円を払うと約束をしていました。ところがその後にも交際相手と接触したために、改めて慰謝料を請求されてしまったのです。当事務所は、交際相手はご相談者勤務先の要職にあり、ご相談者はパワハラ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士に請求され80万円払うと回答したが、最終的に55万円で解決した事例

ご相談者のもとに、不倫慰謝料200万円を払えという内容の書面が法律事務所から届きました。書面には、ご相談者の意向を尋ねる回答書が同封されていました。ご相談者は80万円を希望すると記載して返送しました。200万円という金額は高額すぎると考えましたが、不倫のことは申し訳なく思っていたのです。 後日、法律事務所から改めて書面が届きました。そこには、80万円を頭金・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

離婚成立前に、不貞相手と慰謝料250万円で公正証書作成

ご相談者は、妻の不貞を知り離婚を希望していましたが、不貞相手(=相手方)にもきちんと責任を取ってもらいたいと思うようになりました。当事務所の弁護士は、相手方に対して電話で交渉しました。相手方は不貞を認めて反省の意を述べたものの、多額の金銭を一括で支払える資力がないと説明し、口外禁止の約束を慰謝料支払いの条件とすることなどを要求しました。一方で、ご相談者として・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

浮気相手の住所を突き止め不倫慰謝料120万円を早期回収した事例

 結婚直後に夫が置手紙をして蒸発。LINEのやりとりによると、夫が仕事上の付き合いがあった既婚女性と不貞関係にあるようでした。  夫が勝手に家を出て行方が全く分からないため、夫との離婚をどうするか、夫と女性に対する慰謝料請求ができないかということで、ご相談にいらっしゃいました。もっとも、夫は仕事も放置して行方不明となっていましたし、女性については名前と電話・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

ラブホテルでの性交渉を否認する相手方に100万円の支払義務を認めさせた事例

ご相談者が夫の行動に不審を抱いて質問したところ、女性とラブホテルに泊まったことを認めました。女性に慰謝料を払えと内容証明を送ったところ、女性は弁護士を付けて、肉体関係はないから支払義務もないと回答してきました。 ご相談者としては、女性の対応には誠意が感じられず、当事務所へ依頼することになったのです。相手方弁護士は、女性が泥酔状態でラブホテルに入ったと認めな・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050