既婚者と知らず…請求額200万→5万で示談 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

解決事例

既婚者と知らず…請求額200万→5万で示談

20代

  • 不倫慰謝料を請求された

相談前

ご相談者は、とある男性と知り合いました。男性は、彼女はいるが全然会えていないと言っていました。一度だけ肉体関係を持ったのですが、その後ふとしたことから、男性が実は既婚者だということが分かりました。 後日、男性からどうしても会いたいと言われ仕方なく赴いたところ、男性の妻(=相手方)が待ち構えていました。相手方はご相談者を一方的に責めてきて、既婚者だと知らなかったというご相談者の言い分は、全く聞いてもらえませんでした。 そして、相手方の弁護士から「200万円の慰謝料を払え」という書面が届いたため、ご相談にお越し頂きました。

相談後

当事務所の弁護士は、相手方の弁護士に対し、ご相談者に責任があるという根拠を示すよう要求しました。 相手方の弁護士は、肉体関係を持つ前に、既婚者であることを男性がご相談者に告げたなどと主張してきました。そこで当事務所は、ご相談者が男性に送信したメッセージの内容を示し、既婚者であると知らずかつ過失もない以上、慰謝料支払義務は全く無いと反論していきました。 ご相談者が早期解決を希望されたこともあって、ご相談者が相手方に解決金5万円を支払う、男性への請求権は放棄しない、との内容で示談がまとまりました。

弁護士からのコメント

「既婚者であると知らずかつ過失もない」場合には慰謝料支払義務はありません。しかし、過失の有無は双方にとってかなり微妙な争いになります。また、「一切支払う義務はない」というゼロ回答だけでは、相手方としても示談に応じる余地がなくなってしまい、結果として訴訟で決着を付けざるを得なくなることもあります。 本件では、ご相談者がメッセージの内容を保管しており、ご相談者が既婚者であることを知らなかったことを裏付ける証拠として(仮に裁判になった場合でも)提出できる状態であったことが、有利な解決につながりました。 なお、男性が未婚だと偽って性交渉に応じさせた点について、男性に対する慰謝料請求も検討の余地があります。

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

元妻本人と減額交渉。280万円→45万円に減額

ご相談者のもとに、交際相手の元妻(=相手方)から内容証明郵便が届きました。内容は280万円の慰謝料を払え、というものでした。ご相談者としては、交際を続けるつもりはありませんでしたし、相手方に申し訳ない気持ちもありましたが、かといって高額をそのまま支払うと約束することもできず、弁護士に相談することにしたのです。当事務所の弁護士は、相手方に対し、離婚協議書の内容・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

200万円の不貞慰謝料を請求されたが、75万円に減額し早期解決した事例。

ご相談者は、交際相手の妻(=相手方)から配達証明で書面を受け取りました。その中には、10日以内に200万円を払え、今後一切夫に接触するな、このことは誰にも言うな、といった内容が書かれていました。書面自体は相手方本人の名義でしたが、その内容を見ると、その背後には何がしかの専門家がいるのではないか、そうだとすると自分で対応するのは不利になるばかりではないかと思い・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

W不倫で慰謝料600万を請求されたが、220万に減額し求償も同時決着した事例

妻のいるご相談者は、人妻である不倫相手とW不倫の仲でした。ご相談者は、不倫相手の夫の弁護士から不倫慰謝料を請求されて、ご相談にお越しいただきました。弁護士は、そもそも離婚は本当なのか、仮に本当だとして不倫相手が夫に慰謝料を支払う形で合意していないか、を確認しようとしました。離婚にならない場合の慰謝料額はそもそも低額になりますし、不倫相手が夫に慰謝料を実際に支・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

180万円の不倫慰謝料を訴訟なしで早期回収した事例

ご相談者は、最近妻の様子がおかしいと思い、妻のケータイを見たところ、ある男性との露骨なやり取りが次々と出てきました。妻との離婚問題はともかくとして、まずはその男性に責任を追及したいと思ってご相談にお越しいただきました。相手方本人に請求内容を告げたところ、相手方は弁護士をつけて対抗してきました。 相手方弁護士からの提示額は低すぎて、ご相談者としては全く納得で・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

離婚成立前に、不貞相手と慰謝料250万円で公正証書作成

ご相談者は、妻の不貞を知り離婚を希望していましたが、不貞相手(=相手方)にもきちんと責任を取ってもらいたいと思うようになりました。当事務所の弁護士は、相手方に対して電話で交渉しました。相手方は不貞を認めて反省の意を述べたものの、多額の金銭を一括で支払える資力がないと説明し、口外禁止の約束を慰謝料支払いの条件とすることなどを要求しました。一方で、ご相談者として・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

訴訟覚悟で交渉。請求500万円→50万円で解決した事例

ご相談者のもとに弁護士から内容証明が届きました。その内容は、「不倫慰謝料500万円を支払え、今後一切夫にプライベートで会うな」というものでした。どのように対応したらよいのか分からないとのことで、ご相談にいらっしゃいました。当事務所の弁護士は、まず、相手方に離婚の具体的な予定があるのかどうかを明確に説明するよう求めていきました。しかし、相手方弁護士は、離婚の具・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫を暴露され退職。不貞慰謝料300万円を50万円に減額した事例

勤務先上司との不倫がその妻(=相手方)にバレてしまい、相手方が社長に不倫を暴露したことで、ご相談者は会社を辞めることになりました。さらに相手方の弁護士と名乗る人物から電話が掛かってきて、どう対処すればいいのかと思いご相談にお越し頂きました。ご相談者としては、これ以上不倫を続けるつもりは全くありませんでしたし、相手方に対して非常に申し訳なく思う気持ちもありまし・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

事実経緯をもとに反論し慰謝料請求を封じ込めた事例

ご相談者のもとに弁護士から内容証明が届きました。その内容は,ご相談者の不貞のせいで離婚せざるを得なくなった,不倫慰謝料300万円を支払え,というものでした。 ご相談者としては,いろいろ反論はあるものの相手方に弁護士がついている以上自分で対応するのは難しいと思い,ご相談にお越し頂いたのです。当事務所の弁護士は,そもそも肉体関係を持ったのは離婚成立後であっ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料と弁護士費用で330万円を請求されたが、70万円に減額和解した事例

ご相談者の元に、不倫相手の妻(=相手方)の弁護士から内容証明が届きました。ご相談者の不倫のせいで婚姻関係が修復困難となった、慰謝料と弁護士費用を合わせた330万円を1週間以内に振り込め、という内容でした。ご相談者としては不倫を続ける意思は全くなく、相手方に対して非常に申し訳なく思っており、合理的な金額を支払う内容での示談を希望していました。当事務所の弁護士は・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

訴訟せずに不貞慰謝料300万円を回収した事例

ご相談者は、ふとしたことから妻が不貞していることを知ったため、その相手方に対する慰謝料請求を希望されてご相談にいらっしゃいました。 ご相談者は、妻とその浮気相手とのLINEメッセージの内容や、逢引きの際の写真などを押さえており、まずは浮気相手との決着をつけたいと思っていたのです。ご相談者の資料には様々なものがあり、その証拠価値もいろいろでしたが、弁護士はこ・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050