東京都台東区 慰謝料請求弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

求償権とは

目次

求償権って何?

立て替えた分を払ってもらう権利のことです。

別のページで解説したように,不倫慰謝料を支払う義務は,不貞行為をした二人が連帯して背負っています。どちらか一人だけに支払う義務がある,というわけではありません。

「不倫慰謝料とは」

たとえば,Cが,交際相手(B)の配偶者であるAに対して,100万円の不倫慰謝料を支払ったとします。この場合,Cとしては,「不倫慰謝料を支払う義務は,私だけのものではない。あなたもきちんと負担して」とBに請求することができます。Cとしては,(C自身の負担すべき分に加えて)Bの負担すべき分も立て替えてAに払ったのだから,その立て替えた分を払えとBに請求できるわけです。この権利を求償権といいます。

あくまで「立て替えた分の請求」ですので,払う前に請求することはできません。CがAに100万円を払う前に,Bに50万円を請求するというようなことはできません。

求償権放棄って?

不倫慰謝料問題を一挙に解決するために行われます。

AがBと婚姻関係を継続していく場合を例に考えてみます。このとき,仮にAがCから100万円を受け取ったとしても,その後でBがCから「50万円を払え」と求償されるなら,三者間の不倫慰謝料問題は最終的にまだ解決していないということになります。

AがBと離婚する場合なら,それはそれで良いでしょう。しかし離婚しない場合には,そのような結末はAにとっても望ましいとは限りません。このとき,「AがCから受け取る金額を50万円にする,CはBに求償しない(=求償権放棄)」という内容で話がまとまるなら,問題は一挙に解決することになるわけです。

請求された側にとっての交渉材料になりえます。

逆に請求された側(C)の立場から言えば,「求償権を放棄するから金額を下げてほしい」という交渉材料になりえるということです。

もっとも,Aにとっては,一挙解決のメリットはありますが,Cにとっての減額メリットに比べればさほどのものでもありません。そのため,Aがこれに応じてくれるかどうかは微妙な点もあります。「求償したければ勝手にしろ。減額はしない」という態度をAが崩さないことも,決して少なくはありません。

求償で払う割合はどれくらいになるの?

一般的には,配偶者(B)>不貞相手(C)と判断されることが多いです。

CがAに100万円を支払った後でBに求償したとすると,BがCに支払うべき額は,一般的には50万円以上になることが多いと思われます。

何故かというと,「Cとの比較で言えば,配偶者を自ら裏切ったBの方が責任は重いのだから,最終的にはBが多めに負担すべき(=BがCに払う額を多めに認めてあげるべき)」と裁判所に判断される傾向にあるからです。また,「Aとは話が進んでおり,早々に離婚できそうだ。離婚したら結婚しよう」などとBが告げていたが実は嘘だった,というような場合だと,さらにBの責任が重くなる傾向にあります

まとめ

BとCは不倫慰謝料を支払う義務を連帯して負担しています。その一方がAに支払ったら,他方の分も立て替えて支払った形になりますので,その分を請求する権利があります(求償権)。

求償権を放棄する形でまとまれば不倫慰謝料問題が一挙に解決しますが,そうできるかどうか基本的にAの意向次第です。

求償権を行使する場合,一般的には,最終的な金銭負担が「配偶者(B)>不貞相手(C)」となるように判断されることが多いです。

当事務所には慰謝料問題を多数手がけてきた弁護士が在籍しております。不貞相手に請求をする前の段階で,あるいは相手方から請求を受けた段階で,まずは今後どう対応すべきかご相談いただくことをお勧めします。

離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050