東京都台東区 慰謝料請求弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

弁護士に依頼するメリット

目次(各箇所へのリンク)

はじめに

不倫慰謝料を請求されてしまったときに弁護士に依頼する主なメリットを挙げると,次のとおりです。

①あなた自身で直接相手方と対応する必要は,基本的になくなります。

②交渉が進み,職場への連絡等が止む可能性があります。

③裁判手続き等を戦略的に活用できます。

実際にお任せ頂いた方々に伺うと,弁護士に依頼しようと思った最大の理由として,①を挙げる方が非常に多いです。

①あなたが相手方側と直接対応する必要は,なくなります。

相手方が弁護士をつけている場合はその弁護士と,つけていない場合は相手方本人と,あなたは直接対応しなくてよくなります。

なお,相手方が弁護士をつけている場合については,後でまとめています(?相手方に弁護士がついている場合)。

あなたに代わり弁護士が交渉します。

相手方からの連絡を,直接受ける必要がなくなります。

弁護士に依頼すると,弁護士が相手方に受任通知(=仕事を任せてもらったという通知)を出します。

これ以後,弁護士が相手方との窓口になります。相手方からの連絡は弁護士が受け取ってあなたに伝え,あなたの要望は弁護士が代わりに相手方へ伝える形で交渉を進めることになります。

実際に頂くご相談でも,相手方本人から昼夜を問わずあなたを非難するメールなどが届いたり,仕事中にまで度々連絡があったりと,それだけで神経をすり減らして日常生活に支障が出てしまっていることもしばしばあります。弁護士に依頼することで,そのような状況からは解放されることになります。

それでも相手方から連絡があったらどうしたらいいの?

仮にあなたのところに連絡があったら,その旨を弁護士に伝えてください。相手方に対する返答などはしなくて構いません(というより,しないでください)。弁護士が,あなたに連絡しないように相手方へ警告します。その結果ほとんどの場合,相手方が直接連絡してくることはなくなります。

ほぼ弁護士だけで訴訟に対応できます。

残念ながら交渉がまとまらず訴訟を提起された場合であっても,ほぼ弁護士だけで訴訟に対応できます。

尋問以外,あなたが裁判所に行く必要はありません。

「訴訟を提起されたら,自分が毎回裁判所に赴く必要があるんですか?」というご質問をしばしば頂きます。弁護士に依頼をしなければ,確かにそうなってしまいます。

しかし,弁護士に依頼すれば,尋問手続き(※)以外は弁護士が裁判所に行けば済みます。弁論準備手続での裁判官との打合せも,弁護士に任せておけばよいのです(もちろん,どこまで譲歩して良いかなどは,事前に弁護士と詰めておく必要があります)。

(※)尋問手続き,弁論準備手続:「相手方との交渉のポイント」

尋問でも弁護士からサポートを受けられます。

尋問手続きだけは,あなた自身が裁判所に赴く必要があります。もっとも,弁護士をつけていると弁護士事務所で事前のリハーサルを行ったり,当日に援護射撃の質問をしてくれたりします。このようなサポートがあるのとないのとでは,あなたの重圧は全く異なります。

②交渉が進み,職場への連絡等が止む可能性があります。

理性的に交渉が進むことを期待できます。

相手方のキャラクターにもよりますが,不倫の当事者であるあなたの顔など見たくない,話もしたくないという場合もよくあります。このような場合にあなた自身で減額交渉などをしようとしても,話が進むことはほとんどありません(相手方の言い分をあなたが丸のみするのなら別でしょうが)。

しかし,弁護士をつけて相手方に交渉を申し入れることで,理性的に話し合いを進めることができることもよくあります。相手方本人と話をすることがあなたにとってかなりのストレスなのは当然かと思いますが,相手方のほうも,同じようにストレスを感じていることも多いのです。

職場への連絡等をしないよう警告します。

相手方によっては,「職場の上司に報告する」「あなたの配偶者に事の次第を伝える」とプレッシャーをかけてくることがあります。

このような場合,弁護士は,受任通知の中でそのような行為をしないよう警告を与えるなどしていきます。相手方のキャラクターにもよりますが,そのような行為が既になされている状態であったとしても,警告をすると止むことが多いです。そのようなことをしたところで抜本的な解決にはならず,かえって自身に不利になることは,多くの場合相手方も頭では分かっているからです(ただ,そのことをあなた自身から指摘されると,心情的に認めることができないこともあるようですが)。

③裁判手続きを戦略的に活用できます。

あなた自身で裁判手続きができますか?

減額のためには裁判を怖がってはいけないということについては,別箇所でもご説明しました。

「不倫慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック」

「相手方との交渉のポイント」

そうはいっても,あなた自身で対応する場合,裁判手続きを戦略的に活用することはなかなか難しいのが現実です。

裁判は平日に行われますので,仕事のある方が自分で対応するのは時間的に厳しい場合も多いです。

仮に何とか都合をつけられるとしても,あなたの言い分や有利な事情を裁判官に分かってもらうためには,法律的な知識に基づいた主張が必要です。これを度外視して色々喋ったところで,あなたの気が晴れることはあるかもしれませんが,良い結果にはほとんどつながりません。

裁判にはルールがあり,裁判官はルールに従って判断します。弁護士も,そのルールを前提として,ご本人にとってメリットがある事実を法的に構成した上で,主張立証するのです。

「裁判官に自分の言い分をきちんと話せばわかってくれるはずだ」とおっしゃる方もいますが,残念ながらそうではありません。裁判官としても,「一個人としては,あなたの言いたいことは理解できるが,考慮してほしい,というのであれば,根拠と共に法的に意味のある主張をしてください」と言わざるを得ないことになります。

弁護士は,裁判官の反応を予測しつつ,可能な限り有利な事実を拾った上で,効率的に主張立証することができますので,最善の結果を目指すことが可能です。

相手方に弁護士がついている場合

相手方は,かなり強い意志で請求してきています。

相手方は,安くはない弁護士費用を払ってまで不倫慰謝料を請求してきているわけですから,それ相応の強い意志を持っています。また,弁護士は,あなたから回収できた金額等に応じた報酬を得る契約になっていることが多いです。相手方本人も弁護士も,お金なり接近禁止文言なり,あなたから何らかの実益を得ることに対して強い関心を有しているのです。

相手方は,訴訟提起のハードルが下がります。

弁護士をつけることで戦略的に裁判手続きを利用できるということは,相手方にも当てはまります。相手方としては,あなたが納得のいく回答をしてこなければ,「それなら裁判だ」という選択肢をとりやすくなります(相手方自身で裁判をする必要はほぼありませんので)。

そうなると,あなたとしては,「裁判にはされたくないので何とかこれで勘弁してほしい・・」と言わざるを得なくなる可能性が高くなります。「訴訟されると困る,どうしたらいいかわからない・・」というあなたとしては,どうしても不利な交渉を強いられてしまいます。

あなた一人で裁判手続きを遂行するのはかなり困難です。

相手方の弁護士としては,あなたが弁護士をつけないままで,かつ納得のいく回答をしてこないと,早期に訴訟を提起する可能性があります。

比較的早期に弁論準備手続で話し合いが始まりますが,弁護士は裁判官をどのように説得するかというポイントを押さえていますので,裁判官の提案も相手方寄りになってしまうことも多いです。

その内容に不満があって和解をしないとなると,「それなら公開法廷であなたに不倫の内容や経緯などを色々質問させてもらう(=尋問)が,それでいいのか?」という話になってしまいます。そうなると大変だということで,たいていの人は抵抗を断念し和解に応じることになります。

仮に尋問手続きをやることになれば,あなたは一人で戦う必要があります。相手方代理人からの質問にうまく対処しないと,裁判官の心証(=慰謝料をどれくらいにしようかという考え)を悪化させてしまいます。

したがって,あなた一人で裁判手続きを遂行するのはかなり難しいことだと思ったほうがよいでしょう。

ダメ元で請求してきている可能性も・・?

ところで,相手方が弁護士をつけて請求しているからといって,裁判で勝てるだけの証拠を押さえたうえで請求してきているのかというと,必ずしもそうとは限りません。「証拠の内容が薄く,裁判で勝てるかどうか怪しいのは分かっている。それでも請求しないのは気が収まらないので弁護士に依頼した」という可能性もありえます。弁護士からの通知を受けたあなたが払う態度を見せれば儲けもの,というわけです。

ちなみに,あなたが交渉段階で「証拠を出せ」といったところで,相手方がそれに応じる義務などありません。出してくれることもあるかもしれませんが,出してこないと思っておいたほうが無難です。

証拠の内容が薄いとしても,相手方が裁判にしないとは限りません。あなたが弁護士をつけないかぎり裁判を嫌がることを相手方弁護士は十分分かっていますし,裁判になった後に裁判官が和解を勧めることによって,結果的にいくらかの慰謝料を回収できる可能性もあるからです。

弁護士に依頼した場合に,あなたがやるべきこと

あなたの弁護士に協力すること(前提)

弁護士に依頼して相手方からの直接の接触がなくなるとそれだけで安心し,不倫慰謝料問題が最終的に決着したわけでもないのに,自分の問題として捉えなくなってしまう方がいます。

しかし,弁護士はあなたの不倫の内容や経緯などを熟知しているわけではありませんし,あなたが今後どうしたいのかを勝手に決めることができるわけでもありません。相手方に反論したり裁判官を説得したりするには,あなたが弁護士に協力することが重要です。協力しないと弁護士が辞任してしまうこともありますので,注意が必要です。

あなたのやるべきこと①:決断すること

交渉でも裁判でも,弁護士はあなたに代わって相手方に対応していきますので,あなた自身がやるべきことは多くありません。

しかし,次のようなことは,あなた自身が決めなければなりません。

どこまで相手方に譲歩するか

交渉でまとめたいのか,裁判になっても構わないのか

尋問になってもいいのか,その前に和解するのか

慰謝料額以外の約束をしていいのか

・・など

相手方との不倫慰謝料問題は,あくまであなたと相手方との問題です。その問題をどのように決着させたいか,どういう方向で手続きを進めていきたいのかといった点は,あなたの意向を無視して弁護士が勝手に決めてよい問題ではありません。これらはあなた自身が最終的に決断すべきことです。もちろん,その決断にあたっては,弁護士が様々な情報提供をします(ex.相手方がどの辺を落としどころとして考えていそうなのか,裁判ではどのような判断になりそうか)。あなたは,それを踏まえて考えて決断することになります。

あなたのやるべきこと②:決まった内容を守ること

交渉がまとまって示談書を作った,裁判になった後に和解した,あるいは判決が出たならば,その内容をきちんと果たすことが重要です。

和解調書や判決,あるいは示談書を公正証書で作った場合には,それが債務名義となりますので,あなたが約束を果たさない場合には強制執行を受けてしまう可能性があります。そうでなくても相手方との紛争が再発してしまうことに変わりはありません。

○○円の支払い,連絡を取らない,など決まった内容については,きちんと守ることが必要です。

まとめ

不倫慰謝料を請求されたとき弁護士に依頼する主なメリットは,①あなた自身で直接相手方と対応する必要がなくなること,②交渉が進み,職場への連絡等が止む可能性があること,③裁判手続き等を戦略的に活用できることです。

弁護士に依頼した場合にあなたがやるべきことは,決断することと,決まった内容を守ることだけです。

当事務所には不倫慰謝料問題を多数手がけてきた弁護士が在籍しております。相手方から請求を受けたら,まずは今後どう対応すべきかご相談いただくことをお勧めします。

離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050