東京都台東区 慰謝料請求弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

不倫慰謝料を請求されたとき,すべきことは?

目次

はじめに

「肉体関係を持った証拠も押さえられているようだし,慰謝料300万円は高いと思うけど,その内容で示談するしかないのかな・・」

「たった一晩だけのことと相手方も知っているはずなのに,こんなに請求されるなんてあり得ない。そのままにしておけば,相手方もそれ以上のことはやってこないだろう・・」

「交際相手(=相手方の配偶者)から離婚寸前だと騙されて関係を持っただけ。悪いのは交際相手なのに,どうして自分だけが請求されないといけないの?腹が立つから放っておこう・・」

・・そんなことを考えてはいませんか?

なお,説明の分かりやすさを優先しておりますので,法的議論の正確さを犠牲にしている部分があることはご了承ください。

やってはいけないことは?

不倫慰謝料を請求されたときにすべきことを述べる前に,やってはいけないことをまず説明しておきます。

相手方の請求を丸のみしてはダメ!

相手方の請求は相場より高いことはよくありますし,そうでなくても落とし穴があることもあります。

あなたが自由な意思で示談に応じると,たとえその内容が相場から外れた非常に不利な内容であったとしても,その示談の内容に拘束されることになります。

したがって,相手方の要求を検討もせずそのまま丸のみすることは,避けなければなりません。

請求をそのまま放置してしまうのもダメ!

相手方はただでさえあなたに対して許せないという強い感情を抱いています。それなのに請求をそのまま放置してしまうと,「しらばっくれるつもりか,反省していないのか」とばかりに,さらに強硬な態度を誘発してしまいます。

そうこうするうちに相手方から裁判を起こされてしまい,話し合いで解決できる可能性を自ら潰してしまうかもしれません。

不倫慰謝料を請求されたとき,すべきこと

何を請求されているのかをよく確認しましょう。

そもそも相手方から何を請求されているのか,きちんとよく確認しなければなりません。

「●●円を支払え」という金額にどうしても目が行ってしまうのは当然ですが,それ以外にも,相手方の要求が色々と入っていることがあります。よく見受けられるものとしては,たとえば次のようなものがあります。

相手方の配偶者(=あなたの交際相手)へ,今後一切接触するな

会社を辞めろ,異動願いを出せ

(あなたの)配偶者に,この請求の内容を伝えるな

・・など

相手方が何を要求しているのかをきちんと把握しないことには,今後どう対応すべきかも判断できません。「相手方からの通知書なんて見るのも嫌」という気持ちは重々分かりますが,ここをおろそかにしてはいけません。

お互いがどういう状況にあるかを把握しましょう。

相手方は,慰謝料以外のものを目的としてあなたに請求してきている可能性もあります。相手方の意図を把握するためにも,あなたと相手方とのお互いがどういう状況にあるのかを押さえておく必要があります。

相手方は離婚するのか?

相手が離婚してしまうと,裁判で認められ得る金額のレンジ(いわゆる相場)が上がってしまいます。

「不倫慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック」

交際相手とコミュニケーションが取れるのであれば,離婚方向なのかどうかを確認しておくべきです。

相手方がどういう証拠を持っているのか,検討しましょう。

示談がまとまらず裁判になると,不倫慰謝料を請求する相手側が,不貞行為(肉体関係)の事実を証明しないといけません。極論すれば,不貞行為が事実であっても,相手方がその証明に失敗すれば,あなたに対する慰謝料は最終的に認められないという結果にもなりえます。

相手方にどういう証拠を握られているのかが分かれば,裁判になった場合の有利・不利の見当をつけやすくなります。ある程度の情報を交際相手が持っている可能性があるので,コミュニケーションが取れるのであれば確認しておくべきです。

きちんと交渉しましょう。

減額のテクニックや相手方との交渉のポイントは,それぞれ別ページで述べています。その内容も参考にして,きちんと相手方と交渉してください。

「不倫慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック」

「相手方との交渉のポイント」

もっとも,そうは言っても,相手方と話ができないという場合も多いです。たとえば次のようなお話を伺うことも多いです。

相手方が逆上しておりそもそも話ができない

相手方から昼夜を問わず連絡が入り,精神的に追い込まれている

自分以外の家族や職場に連絡があり,社会生活に支障が出ている

・・など

このような場合には,あなた自身で対応してしまうと事態が更に悪化する可能性がありますので,早期に弁護士に依頼して進めたほうが良いでしょう。

「弁護士に依頼するメリット」

示談するなら示談書を作りましょう。

示談書を作らないのは危険です。

示談書がなくても示談自体は有効ですが,口頭だけだと細かい取り決めができなかったり,示談内容につき後で争いが出てしまったりすることがあります。

清算条項(※)を入れた示談書を作ることで,あなたが相手方に対して果たすべき約束の内容を固定することができます。つまり,示談書は相手方の利益のためだけではなく,あなたを守るためのものでもあります。

(※)「この書面で明確に約束していること以外には、すべきことは一切ない」という意味の条項です。

一部はきちんと保管します。

せっかく示談書を作っても,あなたの手元に保管されていない場合は,いざと言うときに役に立ちません。相手方とあなたの分と合わせて同じものを二部作って,一部はきちんと保管しておきましょう。

示談書に基づく約束を果たしましょう。

あなたが示談書に基づく約束を果たさないと,裁判で示談書が証拠として提出されて,あなたに対する支払いを命じる判決が出てしまう可能性があります。また,示談書を公正証書にした場合は,裁判を経ずにいきなり給与差押えなどの強制執行を受ける可能性もあります。

あなたが自由な意思で示談した以上,示談内容は守らなければなりません。

まとめ

不倫慰謝料を請求されたとき,相手方の要求を検討もせず言われるまま丸のみしたり,逆に無視したりしてしまうのは得策ではありません。

相手方の要求が何なのかを確認したら,相手方とあなたの双方の状況を踏まえたうえで,相手方の主たる関心事がどこにあるのか,その意図を推測します。それをもとに,あなたに有利な結果となるように交渉を進めます。交渉がまとまったらきちんと示談書の形にし,清算条項を入れて,相手方に果たすべき約束の内容を固定化します。

もっとも現実には,あなたがいくら相手方と交渉しようとしても全く話にならない,取り合ってくれないような場合も多々あります。このような場合には,弁護士に依頼する方が無難です。

当事務所には慰謝料問題を多数手がけてきた弁護士が在籍しております。相手方から請求を受けたら,まずは今後どう対応すべきかご相談いただくことをお勧めします。なお,弁護士に依頼するメリットについては,下記のページでまとめています。

「弁護士に依頼するメリット」

離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050