東京都台東区 慰謝料請求弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

相手方との交渉のポイント

目次

はじめに

傷ついた相手方の気持ちを,交渉でさらに害することのないように気を付けないといけません。わざわざ言うまでもないことですが,特にご自身で交渉する際には,気を付ける必要があります。

そのうえで,相手方と交渉するときのポイントは,突き詰めれば①相手方の意図を把握する,②裁判ではどうなるかを意識する,という2つに集約されます。

以下では,この①②を解説した後で,実際の交渉で気を付けるべき注意点についてまとめています。

なお,説明の分かりやすさを優先しておりますので,法的議論の正確さを犠牲にしている部分があることはご了承ください。

①相手方の意図を把握しましょう。

相手方の意図は,大きく分けて2パターンあります。

パターン1:慰謝料をできるだけ多く回収したい場合
離婚を決意した場合が典型です。

相手方がその配偶者(=あなたの交際相手)と離婚することを決意した場合が典型です。言ってみれば「たとえ配偶者が離婚後にあなたと入籍しようがどうしようが,そんなことは知ったことではない。とにかく大きな金額を払わせて,痛みを思い知らせてやる!」というわけです。

このパターンの場合,交渉だけで金額を引き下げるのは難しいこともよくあります。ただ,もともとの請求額が相場と比べて過大なことも多いです。そのため,あえて戦いの場を裁判に移し,裁判官の説得などを通じて,減額を実現していく余地は十分にあります。

パターン2:接近禁止を約束させたい場合
婚姻継続する場合が典型です。

相手方がその配偶者(=あなたの交際相手)との婚姻関係を継続する場合が典型です。「不貞行為をしたことは許せないが,今後配偶者に近づかないと約束し,それを守ってくれるのなら,慰謝料額については交渉の余地はある」というケースです。相手方としては,とにもかくにも配偶者とあなたとの関係を終わらせることを最優先したい,というわけです。

このパターンの場合,不貞行為によって婚姻関係が破綻した事実がないことが多いため,裁判となっても慰謝料の金額が抑えられる可能性が大きいため,相手も裁判に積極的ではない可能性がありますので,接近禁止の約束に応じる,求償権を放棄するなどの条件を提示することで,比較的低額で示談が成立する可能性があります。

②裁判ではどうなるかを意識しましょう。

「もしこの交渉がまとまらず裁判になると,一体どうなるのか?」を意識することが,交渉を進めるうえでのポイントです。

以下,不倫慰謝料裁判の流れを簡単に見た後で,裁判になるとどうなるのかを解説していきます。

実際の裁判についての基礎知識

裁判の流れ(概略)

訴訟を提起されると,あなたの住所に訴状が送達(配達)されます。そのことを嫌がって訴訟を怖がると相手方の思う壺,ということは別ページでも述べました。

「不倫慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック」

訴状送達の後は,多くの場合,以下のような感じで進みます。

第1回目 原告(相手方)のみ法廷に出席
(注1)答弁書を出さないと,相手方の言い分どおりの判決が下されてしまう可能性があります。
第2回目 被告(あなた)も出席
(注2)弁護士に依頼していれば,尋問以外は,あなた自身の出席は原則として不要です。
第3回目~数回 弁論準備手続
第●回 尋問手続き
(注4)裁判官の面前で,あなた自身が事情を聴かれる手続きです。手続きは公開の法廷で行われます。
その後数回 弁論準備手続
第◆回 弁論終結
(注5)あなたや相手方が裁判手続きで何かをするのは,この日が最後です。あなたも相手方もお互いに訴訟で言うべきことを言い終わり,和解がまとまらないことも確定して,後は裁判官の判決を待つだけ,という状態になります。
判決
裁判官は和解を勧めてきます。
裁判になったら話し合いもなくなる,というわけではありません。

上記の流れを見ると,「弁論準備手続の回数がやけに多いな」ということに気が付くでしょう。弁論準備手続は,一言でいうと和解に向けて話し合うための手続きです。「裁判になると,傍聴人の見ている法廷でお互いがやり合う」というイメージをお持ちかもしれませんが,それとは全く違うことがお分かりいただけるかと思います。

弁論準備手続の中で,裁判官は,あなたと相手方双方を説得したり色々なプレッシャーをかけたりして,何とか和解を成立させようと働きかけます。そのため,不倫慰謝料を請求されて訴訟になった場合でも,和解が成立して訴訟が終了することは非常に多いです。

和解がまとまらないと尋問があります。
公開法廷で色々事情を聞かれます。

弁論準備手続は非公開の手続きですが,尋問は傍聴人に公開された法廷で行われます。とはいっても,あなたの知人などが傍聴に来ていてプライベートな内容を知られてしまうような事態が発生する可能性は,一般的にはかなり低いです。

尋問は通常,まずは貴方が弁護士を付けていれば貴方の弁護士の質問に返答し(通常質問内容と返答内容は予め打ち合わせ済みです),相手方の弁護士から色々質問をされ,あなたが弁護士をつけていれば援護射撃となる質問を受けて,最後に裁判官から補充で質問される形で進みます。

もし判決になったらどうなるの?

尋問後も,裁判官は和解をまとめるようお互いを説得してきます。それでもまとまらなさそうなら,最終的には判決が下されます。

あくまでお金の問題になります。

あなたと交際相手(=相手方の配偶者)の不倫問題について,あなたと相手方が判決で決着をつけるとなると,「あなたが相手方に対していくら支払うべきか」という点だけが,判断されます。

それ以外の問題は考慮されません。

和解の話し合いでは,接近禁止や交際相手への求償権の放棄といった点についても交渉がなされることがあります。その点でお互いが合意すれば,和解の内容に盛り込まれます。しかし判決では,そのような金額以外の内容は一切考慮されません。

裁判和解の特徴

相場を踏まえた金額に減額できる可能性が高まります。

裁判官が,相手方とあなたの双方に対して,和解に応じるよう説得をしてきます。簡単にいえば,「この後,散々時間を掛けて訴訟を続けても,最終的に私が判決を書くなら●●円くらいになりますよ。それなら,今の段階で○○円くらいで話をまとめたほうが良いでしょう?」というようなことを言って,双方が何とか折り合うように働きかけてくるわけです。

その結果,相手方が,裁判前の交渉では相場よりかなり高い金額を要求する態度を崩さない場合でも,裁判後には減額に応じてくることもよくあります。

もっとも,この●●円を極力低額にするためには,あなたにとって有利な事情を,法的に構成して裁判官に伝える能力が必須となります。裁判官に全てお任せという態度では,どうにもなりません。

和解がまとまらないと,尋問に対応する必要があります。

和解がまとまらないと尋問手続が実施されます。少なくとも相手方本人とあなた本人は,法廷の証言台に立って,色々な質問に対して受け答えをする必要があります。弁論準備手続は非公開でしたが,尋問手続は公開で行われ,傍聴人に発言内容を聞かれてしまう可能性があります。

重要なのは,そのことをあなたがどう捉えるかです。「法廷で不倫の内容など聞かれるなんてまっぴらだ」という考え方もあれば,「本当に悪いのは交際相手なのだから,交際相手も証人尋問の手続に呼んできて,問い質したい」という考え方もあるでしょう。どちらが正しいとか間違っているとかいうわけではありません。

ただ一点理解しておくべきことは,「あなたが尋問を怖がっていては,十分に減額できない可能性がある」ということです。あなたが尋問を嫌がれば嫌がるほど,相手方としては「減額しなくても和解に応じるだろう」と考えるのも当然です。

相手方が金額以外の約束を望むなら,和解の可能性が高まります。

判決では,慰謝料の支払い以外を命じられることはありません。そのため,仮に相手方が金額以外の約束を望むなら,その約束をあなたに合意させ,和解の形にするしかありません。

したがって,相手方が,配偶者(=あなたの交際相手)への接触禁止や求償放棄などを意図している場合には,和解でまとまる可能性が高くなります。

注意点

そもそも相手方と話ができるとは限りません。

相手方のキャラクターによっては,全く話ができないことがあります。たとえば「不倫したあなたが100%悪いのだから,こちらの要求をそのまま呑め。それができないのは反省していない証拠だ!」という態度を崩さないような場合です。

このような場合,相手方の意図を把握するも何も,あなた自身で話をするのはまず無理です。弁護士に依頼して対応するのをお勧めします。

「弁護士に依頼するメリット」

あなたの対応が相手方の感情を害し,話がこじれる可能性があります。

「どういう事柄をどういう理由で取引材料に使えるか」ということを,このホームページなどをもとに,あなたは知識として理解できたかと思います。

しかし,相手方は生身の人間であり,あなたの不倫によって精神的に傷ついている状況にあることは,決して忘れてはいけません。相手方は,「不倫したあなたが100%悪い」と思っています。それなのに,たとえばあなたが自分の言い分だけを声高に言い募るようなことをしてしまうと,相手方の感情が悪化して,とても交渉どころではなくなってしまいます。相手方と交渉するにしても,その伝え方などには細心の注意を払わなければなりません。

場合によっては,あなたの言い分を自分で伝えるのではなく,弁護士を使って伝えたほうがよいこともあります。不倫したあなた自身がどうのこうのと伝えてくるより,弁護士が「仕事として伝えているだけだ」という態度で接してくるほうが,相手方としても比較的冷静に受け入れることができるからです。

示談するなら示談書を作りましょう。

示談書を作らないのは危険です。

示談書がなく口頭だけだと細かい取り決めができなかったり,示談内容につき後で争いが出てしまったりすることがあります。あなた自身を守るために,きちんとした内容の示談書を作成しておくべきです。

「不倫慰謝料を請求されたとき,すべきことは?」

裁判を怖がると減額できません。

「裁判はしたくないが,裁判所の相場の額にまで減額してほしい」というのは,ある意味欲張りな願いだともいえます。裁判所の相場まで引き下げたいのなら,裁判を怖がってはいけません。

相手方としても内心では訴訟を嫌がっているかもしれません。それなのにあなたの方が恐れていると思われてしまうと,交渉では完全に不利になります。

裁判では,裁判官を説得することが必要です。

基本的に裁判官は和解をまとめたいと思っており,双方を説得してきます。相手方が慰謝料額の減額に応じるよう裁判官から説得してほしいのであれば,なぜ減額された金額が妥当だといえるのか,根拠をもとにまず裁判官を説得しなければなりません。「お金が無くて請求額は払えません」と言えば何とかなる,というようなものではありません。

訴訟を怖がる必要はありませんが,だからといって徒手空拳で臨んでよいわけではありません。

尋問は双方にとってプレッシャーです。

尋問はかなり大変な手続きで,あなただけでなく相手方にとっても,相当大きな重圧がかかります。このことをプラスにできるかマイナスになってしまうかは,あなたの巧拙次第です。仮に弁護士をつけずに対応したとしても,マイナスにしかならないことはしばしばあります。

まとめ

相手方の交渉のポイントを端的にいえば,相手方の意図を把握することと,裁判ではどうなるかを意識することです。慰謝料額を裁判所の相場まで引き下げたいのなら,裁判を怖がってはいけません。

当事務所には慰謝料問題を多数手がけてきた弁護士が在籍しております。相手方から請求を受けたら,まずは今後どう対応すべきかご相談いただくことをお勧めします。

離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050