東京都台東区 慰謝料請求弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

浮気が判明したとき,すべきこと

目次(各箇所へのリンク)

はじめに

一番重要なことは,まず①浮気の証拠を押さえることです。

次に考えるべきことは,②配偶者との関係をどうするかです。離婚するのかしないのか,をよく考える必要があります。

③慰謝料請求の手続きを考えるのはその後からで構いません。上記の二点をきちんとおさえることが先決です。

①浮気の証拠を押さえる

浮気が肉体関係にまで及んでいると,離婚原因が発生したり,不貞相手や配偶者へ不倫慰謝料請求が可能になったりします。

離婚や不倫慰謝料を請求する側が,肉体関係(=不貞行為)があったことを証明しなければなりませんので,浮気の証拠を押さえることは何よりも重要なことです。

どういうものが証拠になるのか,どうやって証拠を取ればいいのか,といった詳細については,リンク先をご参照ください。

「浮気の証拠の取り方」

②配偶者との関係をどうするか決める

配偶者と離婚したいのか,あるいは不貞相手との関係を断たせて婚姻関係を継続していきたいのか。あなたとしてはどうしたいと思っているのか,気持ちの整理をしなくてはいけません。接触禁止文言を入れるのか,求償権放棄に応じるのか,という方向性にも影響します。また,不倫慰謝料問題とは離れますが,もし離婚するのであれば,財産分与の対象としてどのような配偶者名義の財産があるかを調査することなども必要となってきます。

離婚しない場合よりは離婚する場合の方が,認められる不倫慰謝料の額は大きくなります。

「不倫慰謝料の請求額,相場と増額のテクニック」

「接触禁止文言とは」

「求償権とは」

③不倫慰謝料請求を検討する

証拠を押さえたうえで配偶者との関係をどうしたいのか気持ちの整理がついたら,不倫慰謝料請求を検討します。請求するかしないかの自由はあなたにあります。不倫慰謝料を回収できる可能性が乏しくコスト倒れに終わりそうなら,あえて請求しないのも選択肢の一つです。

不倫慰謝料を請求する場合,あなたが離婚を希望するなら,不貞相手だけではなく配偶者にも請求することになります。離婚したくない場合には,不貞相手に対してのみ請求することが多いです。配偶者に不倫慰謝料を請求すると,そのことによって配偶者が離婚を決意してしまうこともあるからです。

まとめ

配偶者の浮気が判明したときに行うべき主なことを挙げると,重要な順に①証拠を押さえる,②配偶者との関係をどうするか考える,③不倫慰謝料請求を検討する,の3つとなります。

当事務所には慰謝料問題を多数手がけてきた弁護士が在籍しております。不貞相手への請求をお考えであれば,まずは今後どう対応すべきかご相談いただくことをお勧めします。

離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050