東京都台東区 慰謝料請求弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

不倫慰謝料を請求したい

  • 2017年男女トラブル相談実績500件以上
  • 男性・女性弁護士を選べる
  • 土日、夜間相談可能、初回相談無料

慰謝料を請求したい方からのよくある相談としては
次のようなものがあります。

夫の浮気を疑い探偵をつけたところ、他の女性とラブホテルに入ったところを押さえることができました。女性の自宅を撮った写真もあります。慰謝料はもちろんですが、夫との関係を断ち切るよう約束させたいです。

夫のSMSをこっそり見たら、他の女性と肉体関係を続けているようです。その女性の携帯電話の番号しか分かりませんが、慰謝料を請求できるのでしょうか?

夫とはこれからも夫婦としてやっていくつもりですが、その浮気相手が夫の同僚なので、また今後も関係を持つのではないかと不安です。

妻の態度が怪しいと思い問い詰めたところ、妻の上司である男性と肉体関係を持ったことを認めました。妻とはもう一緒に暮らしたくありませんので離婚するつもりですが、その男性にはきちんと責任を取ってもらわないと気が済みません。

など・・・

友達や親にも相談しにくい・・・
専門家に一度話を聞いてほしい・・・

不倫をされた苦しみ、悔しさ、不安を何とかしたいと思っても、相談相手がいない、どうやって解決していいかもわからないと悩んでおられる方は多いです。弁護士が、あなたの心の叫びをしっかりと受け止め、法的手段によって慰謝料請求を行います。

弁護士に依頼すべき理由

あなたの本気が伝わり交渉が進む可能性があります。

あなた自身で相手方と対応せずに済みます。

裁判手続きを戦略的に利用できます。

詳細については、こちらをご参照ください。

弁護士に依頼するメリット

当事務所の解決事例

訴訟せず300万年を回収した事例
20日余りで300万円を回収した事例
個人的連絡をしないことを約束させ100万円を回収した事例

その他の解決事例はこちら。

解決事例

よくある質問

配偶者が他の異性とLINEやメールで連絡を取り合っている様子。内容をみると、どう考えても肉体関係があるとしか思えない露骨なやり取りがたくさん出てきました。これを証拠に不倫慰謝料を請求できますか?

LINEやメールのやり取りは、十分証拠になりえます。

配偶者を問い詰めたら不倫を認めましたが、その不貞相手自身が認めたわけではありません。配偶者の自白だけで不貞相手に不倫慰謝料を請求できますか?

状況にもよりますが、配偶者の自白だけでも、十分証拠になりえます。

離婚までは考えていません。その場合、不貞相手に不倫慰謝料を請求する価値はないのでしょうか?

慰謝料の支払いとともに交際を断つよう求めていくことも可能です。そのため、離婚しない場合でも請求していく価値は十分あります。

その他、こちらをご参照ください。

よくあるご質問

不倫慰謝料請求プラン(税別)の紹介

不倫慰謝料請求プラン(税別)の紹介

詳細については

費用について

秋葉原よすが法律事務所の特徴

image

豊富な取扱実績

不倫慰謝料問題及び離婚問題につき、年間500件を超えるご相談を頂いております。仮に不倫慰謝料問題がもとであなたの離婚問題に発展する場合にも、スムーズな対応が可能です(別途契約要)。

image

不倫慰謝料問題に注力しています。

業務の一環として不倫慰謝料問題を取り扱うだけなら、そのような法律事務所は他にもあります。
当事務所は不倫慰謝料問題に注力しており、この分野での専門性において他事務所に引けを取らないよう研鑽を積んでおります。

image

法律相談では男性弁護士、女性弁護士を選べます。

不倫慰謝料問題の法律相談では、非常にプライベートな事柄をお話しいただくことになります。
同性の弁護士に相談したい、逆に同性の弁護士には相談したくない、というご希望にも対応可能です。

離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050