本人同士の交渉内容を撤回してきた不貞相手に訴訟提起し、150万円で解決した事例 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ
新型コロナウイルス対策オンライン面談・電話相談 実施中

解決事例

本人同士の交渉内容を撤回してきた不貞相手に訴訟提起し、150万円で解決した事例

30代

  • 不倫慰謝料を請求したい

相談前

ご相談者は夫の不貞を知り、不貞相手とカフェで話し合いをしました。不貞相手は肉体関係を認め、夫とプライベートで会わないことなどを念書の形で約束しました。後日、不倫慰謝料の金額などについてやりとりを続け、あとは合意内容を書面で作成するだけという段階にまで至ったのですが、不貞相手が弁護士を立ててきました。 ご相談者は、不貞相手の態度急変を見て不安になって、当事務所にご相談いただくことになったのです。

相談後

当事務所は、相手方弁護士との交渉を開始しました。すると相手方弁護士は、念書は強制されたもので無効だなどと主張したうえで、ごく低額の解決金の提案しかしてきませんでした。 当事務所はご相談者の意向を確認したうえ、訴訟を提起しました。裁判を進めていくうち、裁判官から和解案が提示されました。これを軸に双方で話し合いが持たれ、その結果、本人同士での交渉時よりも高額の150万円を相手方が支払うという内容で、和解成立となりました。

弁護士からのコメント

不倫慰謝料について本人同士で(=弁護士を入れず)交渉することもしばしばあるでしょう。口頭やメールでのやりとりを経て事実上合意したと思っていても、相手方がそれに異議を唱えてくることもあります。もし合意成立済という理解に基づけば、その合意に基づいた金額を請求していくことになりますが、本件では、合意未成立という理解に基づいて訴訟で請求していったものです。結果として、本人同士での話し合い時よりも高い金額で、和解が成立しました。

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

既婚者である不倫相手(交際相手)とその後入籍、慰謝料150万円支払で解決した事例

ご相談者と交際相手とは不倫関係にありましたが、そのことが交際相手夫(=相手方)にバレてしまいました。後日相手方の弁護士から内容証明が届いたので、ご相談者としてはどのように対応すべきかと不安になり、当事務所にご相談いただくことになったのです。当事務所は、相手方弁護士との示談交渉で、もともと婚姻関係が破綻していたことを指摘して対抗していきました。その後、交際相手・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不貞慰謝料300万円を請求されたが、40万円で解決した事例

ご相談者のもとに、不貞慰謝料300万円を払えという書面が法律事務所から届きました。 ご相談者は、女性(=相手方妻)との不貞を疑われてはいるものの、実際問題として性交渉を持ったことは過去に一度もなく、女性=単なる友人という認識でした。ただ、たった一度だけですが、お酒やつまみをラブホテルの中に持ち込んで女性と飲食したことがありました。当事務所は、相手方弁護・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

不倫慰謝料130万円を回収した事例

ご相談者は妻から離婚を切り出されましたが、応じるつもりはありませんでした。妻が、妻帯者である同僚との不倫を認めたので、ご相談者は不貞相手に会って直接話をしてみました。離婚するつもりはないと説明したうえで不倫の責任を取るように求めましたが、誠意ある回答はありませんでした。 ご相談者としては、今後どのように進めていけば良いかと思って、当事務所にご相談いただ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

不貞相手が交際継続を宣言。訴訟提起して不倫慰謝料300万円を認めさせた事例

ご相談者は、妻の不貞を知って、不貞相手(=相手方)と直接話し合いました。ところが相手方は、これからも(ご相談者妻と)付き合っていく、自分の妻と離婚するつもりはない、などと回答してきました。 相手方の回答があまりにも誠意のないものであったことから、ご相談者は、不貞の責任をきちんと追及していきたいと思って、当事務所にご相談いただくことになったのです。当事務・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

300万円の不倫慰謝料を請求されたが、90万円に減額した事例

ご相談者は既婚者でしたが、既婚男性と親密となり、いわゆるダブル不倫の関係になりました。ある日、弁護士から内容証明が届き、不倫慰謝料300万円を払え、交際相手に接触するなという要求が書かれていました。 ご相談者としては、不倫慰謝料を減額したいというのはもちろんのこと、自分の夫に不倫がバレないようにしたいと思って、ご相談にお越し頂きました。当事務所は、交際・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

訴訟で550万円を請求されたが、165万円の分割払いで解決した事例

ご相談者のもとに、交際相手の妻(=相手方)の弁護士から、不倫慰謝料500万円を払えという連絡がありました。不倫自体は事実ではあるものの、ご相談者にも言いたい言い分がありましたし、どのように対応すればよいのかと思って、ご相談にお越し頂きました。当事務所は、交際相手が現在別の女性にも手を出している節があることなどを主張して争っていきました。相手方は婚姻破綻を主張・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

夫と交際相手の示談後にダブル不倫を再開、交際相手妻から訴訟提起された事例

ご相談者と交際相手はいわゆるダブル不倫の関係にありましたが、そのことが夫に露見してしまいました。夫と交際相手との間で示談がまとまり、交際相手は夫に多額の慰謝料を支払いました。 ところが、交際相手は示談後もご相談者に強引に迫ってきました。ご相談者は抵抗しきれず不倫を再開してしまいましたが、結局そのことが夫にバレることになりました。二度目の不倫を夫に知られ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

相手方から不倫慰謝料180万円を回収した事例

ご相談者は、夫と相手方が親密にしていることを知り、調べてみたところ肉体関係を伺わせる動画などの存在が判明しました。そこで、相手方にはきちんと責任をとって貰いたいと思い、ご相談に来られました。当事務所が相手方に内容証明を送付したところ、相手方も弁護士に依頼して対抗してきました。 ところがその後もご相談者夫と親密にしているように見受けられる節があったうえ、相手・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料150万円を請求されたが、40万円で解決した事例

ご相談者のもとに弁護士を名乗る電話があり、不貞行為はあったのかとだけ尋ねられました。突然のことにびっくりしてその場では否定してしまいましたが、事実ではあるのできちんと話し合って解決したいと思い、ご相談にお越し頂きました。当事務所は、相手方弁護士に対し、どういう不貞があったというのか、いくら請求したいというのか、具体的に特定するよう求めました。 相手方弁護士・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

交際相手が別居。不倫慰謝料を100万円に減額した事例

ご相談者のもとに、弁護士から内容証明が届きました。200万円の慰謝料のほか、書面での謝罪や接触禁止が要求の内容でした。 ご相談者は、交際相手とは数回だけの関係でしたし、今となってはもう連絡すら取らなくなっていたので、突然届いた内容証明に驚いてご相談に来られたのでした。内容証明には不貞行為についての具体的な事実の指摘がありませんでした。そこで当事務所は、・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050