東京都台東区 慰謝料請求弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

不倫慰謝料を請求された側のよくあるご質問(FAQ)

目次

Q. 夫婦関係は破綻している,離婚間近だと聞いていたのですが・・・

A. 客観的にそれが事実であれば,慰謝料を支払う義務はありません。

不貞行為以前に既に夫婦関係が破綻していた場合,慰謝料を支払う義務はありません。破綻していたかどうかは,既に別居していたかどうかなどの事実を総合的にみて判断されることになります。

「夫婦関係は破綻している」などと説明して交際を持ち掛けてくることはよくありますが,その話をそのまま信じて交際していたとしても,それだけで慰謝料を全く払わなくてよいということにはなりません。実際の裁判でも,「夫婦関係が破綻していた」「夫婦関係が破綻していると説明された」「家庭内別居していると言われた」という反論は,非常に多くなされていますが,その反論が認められて慰謝料支払いから完全に免れられたという事件は,多くありません。

それでも,具体的な事情をきちんと主張立証することにより,最終的に認められる慰謝料を減額してもらえる可能性は十分あります。

「不倫慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック」

Q. 交際相手に騙されていたのに,相手方に慰謝料を支払わないといけないの?

?A. 支払わないといけません。

あなたとの関係では交際相手(=相手方の配偶者)のほうが悪いとしても,そのことは,相手方にとっては関わりのないことです。騙していたことの責任などを交際相手に追及したいのであれば,交際相手に対する求償請求などの別の場面で,行うしかありません。

もっとも,相手方があなたに対して訴訟を提起して和解がまとまらない場合には,交際相手を証人尋問する(=法廷に呼び出して質問する)ことにより,交際相手の悪質性を追及することができることもあります。

「求償権とは」

Q. 交際相手から慰謝料を受け取ったはずなのに,私も払わないといけないの?

?A. 相手方が既に受け取った分は減額されます。

特に相手方が交際相手と離婚する場合に,このようなことがありえます。法律的には,不貞行為の慰謝料は,あなたと交際相手(=相手方の配偶者)とが共同で負担すべきものだとされています。
したがって,どちらかが慰謝料を一部でも支払えば,その分だけ,他方が支払うべき金額は小さくなることになります。「元配偶者(=交際相手)から十分な金額を既に受け取っているから,私にはもう支払う義務はない。少なくとも,元配偶者から受け取った分だけ減額されるはずだ」と反論することができます。

「不倫慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック」

Q. 交際相手が慰謝料を免除してもらっている。私だけが払わないといけないの?

?A. 相手方には払わないといけませんが,交際相手に求償請求できます。

相手方は,その配偶者(=あなたの交際相手)に対して慰謝料を免除すると約束しただけで,あなたに対しても免除するという意思ではない,というのがふつうです。相手方に対するあなたの慰謝料支払い義務が免除されたとはいえません。
もっとも,あなたが相手方に慰謝料を支払ったら,その後で交際相手に求償請求をすることができます。そうすることで,支払った慰謝料の一部を交際相手に負担させることができます。

「求償権とは」

Q. 嫌がらせを確実に止める方法はありますか?

?A. 100%確実な方法はありませんが,対処法はあります。

職場の上司に報告する,家族にバラす,家に押し掛けるという行動を相手方に取られるのは,あなたの側からいえば嫌がらせとしか思えないというのも当然かもしれません。
結論から言うと100%確実な方法はありません。しかし,弁護士をつけた上で警告すれば止まることが多いですし,場合によっては警察に相談する,名誉棄損等で逆に損害賠償請求訴訟を起こすなど,対処法はあります。
きちんと話し合いを進める姿勢を見せることで止まる場合も多いですので,弁護士へ依頼したうえで誠実に交渉することをお勧めします。

「弁護士に依頼するメリット」

Q. 相手方にうるさく責められるのに耐えかねて示談書にサインしたが,よく考えると内容に納得がいかない。なかったことにはできませんか?

?A. 基本的にはできません。

あなたが自由な意思でその示談書にサインをした以上,その内容は有効です。相手方からサインするよううるさく言われたからといって,それだけで「自由な意思ではなかった」とは基本的には言えません。
もっとも,部屋に何時間も閉じ込められてサインするまで帰さないと言われたというような場合であれば,「自由な意思でサインしたわけではなく示談は無効だ」と裁判官が判断してくれる可能性はありえます(具体的な事情次第です)。

?A.サインする前に最善を尽くすべきです。

納得いかない内容の示談書であっても一旦サインをしてしまうと,なかったことにするのは,簡単なことではありません。相手方と話をまとめる前に,できるだけの努力をすべきです。
裁判は減額のための有力な手段ですので,弁護士をつけて対応することも検討すべきです。

「不倫慰謝料の請求額,相場と減額のテクニック」

離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050