既婚者である不倫相手(交際相手)とその後入籍、慰謝料150万円支払で解決した事例 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ
新型コロナウイルス対策オンライン面談・電話相談 実施中

解決事例

既婚者である不倫相手(交際相手)とその後入籍、慰謝料150万円支払で解決した事例

30代

  • 不倫慰謝料を請求された

相談前

ご相談者と交際相手とは不倫関係にありましたが、そのことが交際相手夫(=相手方)にバレてしまいました。後日相手方の弁護士から内容証明が届いたので、ご相談者としてはどのように対応すべきかと不安になり、当事務所にご相談いただくことになったのです。

相談後

当事務所は、相手方弁護士との示談交渉で、もともと婚姻関係が破綻していたことを指摘して対抗していきました。その後、交際相手と相手方との離婚が成立し、ご相談者は交際相手と入籍しました。 相手方との示談交渉は不調に終わり、訴訟へと移行しました。双方が裁判の中で言い分を尽くした段階で、裁判官を介した和解交渉が開始されました。和解交渉を重ねた結果、ご相談者が相手方に150万円を支払うという内容で、和解が成立しました。

弁護士からのコメント

一般論としては、不倫によって相手方が離婚する場合には、200~300万円程度の不倫慰謝料が認められる可能性があります。交際相手が離婚時に慰謝料を相手方に支払ったのであれば、そのことを減額材料にできる余地はありますが、本件では交際相手は慰謝料を支払っていませんでした。さらに本件の事実経緯に照らすと、150万円というのは比較的有利な内容で解決できたものと思われます。

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

不貞慰謝料200万円と動画提出を要求され、30万円支払等で解決した事例

ご相談者のもとに法律事務所から手紙(通知書)が届きました。通知書の内容を見ると、不貞慰謝料200万円を払え、性行為中に撮影した動画を提出せよ、というような要求が書かれていました。 ご相談者としては、不貞について心当たりはありました。しかし、関係を持つに至るまでの女性の言動や、関係を持った当日や直後の女性の言動に対し、不審さを感じていました。また動画につ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

接触禁止を認めさせ150万円を回収した事例

ご相談者は、2年ほど前に夫の不貞を知りました。夫に抗議しましたが、夫は、不貞行為を認めませんでした。ご相談者は夫の改心を期待しましたが、結局、夫はその後も不貞行為を継続しました。ご相談者は不貞相手に慰謝料を請求することも検討しましたが、夫が裏から資金援助をしたり、ご相談者に渡す生活費を削って嫌がらせをしてきたりするのが心配で、不倫慰謝料請求を躊躇していたので・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

不倫慰謝料250万円を訴訟で回収した事例

ご相談者は妻の様子に不信を抱くようになり、問いただすと妻は不貞を認めました。ご相談者としては、妻と修復するつもりはなく離婚を考えており、その方向で妻との協議を始めました。そして、このような状況となったことについて不貞相手の責任を追及したいと思っていました。すると、不貞相手へ接触を図る前に、不貞相手の弁護士から通知を受け取りました。不貞相手に弁護士がついたこと・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

交際相手妻から500万円の要求を受けたが、最終的に100万円で解決した事例

ご相談者のW不倫がばれて、交際相手妻からLINEで連絡が入りました。要求内容としては500万円を払え、交際相手には負担させるな、というものでした。 ご相談者は、夫に秘密で問題を処理したいと考えて500万円を払うと一旦回答したものの、やはり高すぎると思い、回答の撤回と減額を希望されてご相談に来られたのでした。当事務所は相手方に受任通知を送付し、ご相談者本人に・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士に請求され80万円払うと回答したが、最終的に55万円で解決した事例

ご相談者のもとに、不倫慰謝料200万円を払えという内容の書面が法律事務所から届きました。書面には、ご相談者の意向を尋ねる回答書が同封されていました。ご相談者は80万円を希望すると記載して返送しました。200万円という金額は高額すぎると考えましたが、不倫のことは申し訳なく思っていたのです。 後日、法律事務所から改めて書面が届きました。そこには、80万円を頭金・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料500万円にサインさせられたが、交際相手と連帯250万円で減額解決した事例

ご相談者のところに相手方が突然訪問してきて、相手方の妻(=交際相手)との関係を追及してきました。ご相談者は長時間相手方から責められた挙句、不貞関係を認めたうえ慰謝料500万円を払う、支払が遅れたり接触禁止に違反したりした場合には追加で違約金を払う、などという内容の書面にサインさせられてしまいました。 ご相談者は、サインさせられたことに不安になって、当事・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士から300万円を請求されたが、70万円で示談した事例

ご相談者のもとに、不倫慰謝料150万円を払えという内容の書面が法律事務所から届きました。そこで法律事務所に連絡すると、電話に出た弁護士から「離婚する方向になったので300万円を請求する」と言われてしまいました。ご相談者はびっくりして、当事務所へご相談されることとなったのです。 相手方弁護士からの書面には、不貞の具体的事実が記載されていませんでした。・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

裁判で不倫慰謝料等550万円を請求されたが、3回分割払の総額60万円で解決した事例

ご相談者のもとに、裁判所から訴状が届きました。内容は、不倫慰謝料と弁護士費用とを合わせて550万円を払え、というものでした。 ご相談者は都内在住でしたが、相手方(交際相手の元夫)が地方に在住していたため、地方にある裁判所で訴えられてしまったのでした。ご相談者は、自分で裁判に対応することは難しいし、不倫自体は事実だが550万円というのは高額すぎると思って、ご・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

示談後に交際再開。250万円の慰謝料請求→100万円の分割払で解決した事例

ご相談者は、交際相手の妻(=相手方)と示談をしました。その内容は、相手方に対し慰謝料100万円を支払う義務を認める、ただし交際相手と別れるなら実際には支払わなくてよい、というものでした。ところがご相談者は、その後で交際を再開してしまいました。そこで相手方は、弁護士を付けて、慰謝料250万円と交際相手との接触禁止等をご相談者に対して要求してきました。当事務所は・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫を暴露され退職。不貞慰謝料300万円を50万円に減額した事例

勤務先上司との不倫がその妻(=相手方)にバレてしまい、相手方が社長に不倫を暴露したことで、ご相談者は会社を辞めることになりました。さらに相手方の弁護士と名乗る人物から電話が掛かってきて、どう対処すればいいのかと思いご相談にお越し頂きました。ご相談者としては、これ以上不倫を続けるつもりは全くありませんでしたし、相手方に対して非常に申し訳なく思う気持ちもありまし・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050