電話で弁護士から不倫を問い詰められた…今後どうしたら? | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

慰謝料コラム

電話で弁護士から不倫を問い詰められた…今後どうしたら?

はじめに

「携帯電話に見知らぬ番号の着歴があったので、不審に思いつつ折り返すと法律事務所だと言われた。弁護士と名乗る人物が電話口に出て来て、慰謝料請求すると言って不倫の詳細を高圧的に問い詰めてきたので、とても怖い思いをした…」という方も少なからずいらっしゃいます。

電話でいきなり言われて、思わず不倫を認めた方もいらっしゃるでしょうし、とりあえずその場は何とか切り抜けた方もいらっしゃるでしょう。今後どう対応していけばいいのでしょうか?

電話で不倫を認めてしまった場合は?

証拠になる可能性は十分あります。

電話で不倫を認めてしまった場合、その通話内容を法律事務所が録音している可能性があります。認めた覚えはないと否定したとしても、今後、認めた証拠として録音が提出されてくるかもしれません。

また録音まではしていなくても、いつ、どのような内容の話をしたのかについての記録を法律事務所で取っている可能性が高いです。その記録が、不倫を認めた証拠となってしまうことがあります。

不倫を認めたけれど言いたいことがある場合は?

「不倫を認めたけれど言いたいことがある」「思わず認めてしまったが、本当は自分の行為が不貞行為に該当するのかに疑問を感じている」「思わず認めてしまったものの実際には不貞はしていない」…というような場合、あきらめずにきちんと、事実を主張すべきです。

相手方弁護士と示談書を取り交わした後からでは難しくなりますが、電話で認めただけなら争っていく余地は十分あります。

弁護士に相談を

電話で不倫を認めてしまったことが不利に働く可能性は否定できませんが、ご自身の認識・主張を整理して相手に伝え、きちんと減額交渉を進めるべきです。「認めてしまったからどうしようもない」と言って相手方弁護士の言うなりになってしまうと、極めて不当な結果に終わる可能性もありえます。

ご自身での主張反論が難しい場合は、まずは弁護士に相談することをお勧めします。そうすれば、相手方弁護士からの請求内容が相場に照らして妥当なのかそうでないのか、ご自身の反論が通る可能性などについて、おおよその見当がつきます。

その結果、ご自身の反論と照らしても、相手の請求内容が不当とも言い切れないレベルだと判断できれば、弁護士に依頼せず自分で示談するのも選択肢の一つですし、依頼してきちんと減額交渉を進めるのもまた一つの方向です。正式に依頼するかどうかは別として、このような判断をするためにも、手遅れになる前に、弁護士に相談してみることをお勧めします。

電話で不倫を認めなかった場合は?

次のアクションを誘発する可能性があります。

そのまま放置すると、相手方弁護士が自宅や職場に内容証明を送ってきたり電話してきたりするなど、次のアクションがなされることが多いでしょう。その結果、トラブルを抱えていることが同居親族や勤務先にバレてしまう可能性があります。

参考:不倫で内容証明が届いたら

弁護士に相談を

弁護士をつけてまで請求してきているということは、相手方本人の請求意思はかなり強いです。そのため、あなたが不貞を認めないまま放置しても、相手方本人が請求を諦める可能性は、極めて低いです。

電話で認めなかった場合も、まずは弁護士に相談して、今後の方針などを相談することをお勧めします。相談により、今後の見通しをたてることが可能となります。また、相手方弁護士からの請求内容の妥当性についてもだいたいの見当がつきますので、その内容を踏まえ正式に依頼するかどうかを検討するのがよいでしょう。

弁護士をつけず交渉する危険性

あなたは交渉しているつもりでも…

話し合えない、と判断される可能性があります。

あなた自身は交渉しているつもりでも、相手方弁護士(不倫慰謝料を請求している側)からみれば、「理屈の通らないことを言い続けて、結局払えないと言っているだけ。何の誠意もない」と受け取ることは少なくありません。

相手方弁護士は法的根拠を踏まえて慰謝料を請求してきているので、法的根拠のある反論を的確に述べる必要があります。そうしないと、「理屈が通らないことを反論してくるだけで、全く合理的な話し合いができない。裁判で決着をつけるしかない」と判断され、訴訟提起される可能性も高まってしまいます。

的確な反論ができない可能性があります。

また、「離婚していなければこれくらいが相場だろう」という一般的知識があっても、それをそのまま伝えるだけでは、納得を得られないでしょう。その知識をあなたのケースに適用すると具体的にどう反論すればいいのかが問題です。また、相手の状況や戦略などを予測しながら交渉することも必要です。

参考:弁護士に依頼するメリット

まとめ

不倫慰謝料を電話で弁護士から請求されたとき、口頭ではあっても認めてしまうと、それ自体が証拠となってしまうと思っておきましょう。とはいえ、認めてしまうとどうしようもない、というわけではありません。諦めずに弁護士に相談することをお勧めします。

電話で認めなかった場合でも、そのまま放置すると次のアクションを誘発してしまいますので、弁護士に相談して対応策を練るべきです。

ご自身で交渉することももちろん可能です。しかし的確な反論をしないと、相手方弁護士が「合理的な話し合いができない。裁判しかない」と判断する可能性もありますので、注意が必要です。

その他のコラム

  • その他

ダブル不倫の慰謝料はどうなるの?

W(ダブル)不倫の慰謝料問題は、各夫婦の中に加害者被害者両方がいるため、一人が一人に請求して終わりという訳にはいかない可能性があります。

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

不倫相手が未成年。慰謝料は誰に請求できる?

はじめに 不倫相手が未成年というと「えっ?」と思われるかもしれません。しかし、「女子高を出て新卒で入ってきた子に夫が手を出していた」、「大学職員である妻が、大学生と肉体関係を持っていた」というケースもありえます。 あなたが不倫慰謝料を請求するとして、いかにもお金の無さそうな未成年の不倫相手本人に請求するしかないのでしょうか。お金を持っていそうな親に請求できな・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

慰謝料請求されているのに彼から連絡が…。返事しても大丈夫?

はじめに 「不倫慰謝料200万円を払え、今後一切夫と連絡するな」という要求をされているその最中に、当の夫(=あなたの交際相手)から連絡が入ることもあります。相手方(=交際相手の妻)から連絡するなと言われているのに、連絡を取ってしまっても大丈夫なのでしょうか? そもそも何の用事で連絡してきたの? 交際相手からの連絡といっても、その内容はさまざまです。「妻が慰謝・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

ラブホに入ったけど何もなかった…で済まされるの?

はじめに 「ラブホに入ったけど何もなかったって言うんです…。そんな言い訳って通用するんですか!?」というご質問を頂くことがあります。ラブホテルに入ったが性行為はしなかったという言い訳は、どう考えればいいのでしょうか? ラブホテルに入った≒性行為があった 性行為をするための場所 ラブホテルは性行為をするための場所だというのが一般常識です。したがって、ラブホテル・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫・不貞慰謝料と示談(その2・請求された側)

不利な示談書にサインさせられてしまったときは? 「不倫慰謝料を〇〇〇万円払うという不利な示談書にサインさせられてしまった。なかったことにしてほしい!」というご相談はよくあります。 結論から言えば、諦めずにその示談書を弁護士のところに持っていって相談することをおすすめします。なぜかというと、示談書がそもそも有効ではないといえるケースが非常に多いからです。 この・・・

詳しく見る
  • その他

不倫がバレるきっかけ、トップ3は?

はじめに そもそもどんなきっかけで不倫がバレるのか、疑問に思われるかもしれませんね。 当事務所のご相談内容から分析すると、不倫がバレたきっかけのトップ3は、①交際相手が配偶者にスマホなどを見られてバレた、②交際相手が問い詰められ認めてしまった、③交際相手と一緒にいるところを探偵に尾行されていた、の3つでした。  ①交際相手がスマホなどを見られた… スマホ=秘・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料を請求された…してはいけない行動4つとその理由とは?

はじめに 不倫がばれて、慰謝料請求を突きつけられてしまうと、自分はこれからどうなってしまうのか、早く問題を解決するにはどうすればいいのか、と気が動転してしまいますよね。 焦る気持ちは分かりますが、まずは「これだけはやってはいけない」ということを知っておきましょう。これを守ることで、不倫慰謝料の減額交渉への道が開けてきます。  ①相手方の要求をそのまま丸のみ…・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

肉体関係がなければ慰謝料を払う義務はない?

はじめに 「肉体関係はないから、慰謝料を払う義務もないですよね?」というご質問を受けることがあります。たしかに、不倫慰謝料(不貞慰謝料)を支払わなくてはいけない典型的なケースは、肉体関係がある場合です。しかし、肉体関係がなければ慰謝料を支払う義務は全くないとは限りません。 婚姻関係を破綻に至らせるような接触は、不法行為に該当することがあります。 「肉体関係が・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫バレして誠意を見せろと言われたら?

「誠意を見せろ」などと抽象的な要求を受けたとき、要求を具体的に特定せず進めてしまうと、後から追加で請求を受けてしまうなど重大な不利益を被ってしまう可能性もあります。

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

示談書なく口約束で不倫慰謝料を支払ったが…

示談書を作らず口約束で済ませると、後で争いが生じたりする可能性があるため望ましくありません。交渉結果をきちんと示談書にまとめてから支払うべきです。

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050