不倫慰謝料300万円を請求されたが、100万円分割払で解決した事例 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ
新型コロナウイルス対策オンライン面談・電話相談 実施中

解決事例

不倫慰謝料300万円を請求されたが、100万円分割払で解決した事例

20代

  • 不倫慰謝料を請求された

相談前

ご相談者のもとに弁護士から内容証明が届きました。その内容を見ると、不貞関係が原因で婚姻破綻に至った、ついては不倫慰謝料300万円を払え、というものでした。 ご相談者は当初、交際男性から独身だと聞かされていたのですが、その後ふとしたことで実は既婚者であることが分かったのでした。そこで何度も別れ話をしたものの、その度ごとに交際男性のほうから泣いて取りすがられてきた経緯がありました。そのため、300万円という請求額には納得がいきませんでした。とはいえ相手方(=交際男性の妻)に弁護士が付いているし今後の対応をどうしたらよいだろうかと思って、ご相談に来られたのです。

相談後

当事務所は、ご相談者の認識する事実関係を挙げて反論していきました。 相手方弁護士は離婚になること等を主張してきて、金額面で双方の隔たりはなかなか埋まりませんでした。そのため一時は、訴訟で解決するしかなさそうな状況となりました。 しかし、相手方が分割払に応じる意思を表明してきたこともあって、話し合いの気運が高まりました。交渉の結果、ご相談者が相手方に100万円を分割で支払う内容で、裁判にもならず示談が成立しました。

弁護士からのコメント

慰謝料を一括で支払うことが難しい場合、分割払を相手方に打診する方向で話し合っていくことが必要になります(示談交渉、あるいは訴訟提起後の和解交渉)。相手方との話し合いがまとまらず判決となれば一括払いになってしまいます。分割払いを承諾してもらうために交換条件を提示すること等が必要になってくる可能性もあります。逆に言えば、ある程度一括で払える資力があるのであれば、「判決になっても構わない」という方向性で正面から戦う方向性もとりやすくなります。  

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

25年以上不倫したとして慰謝料500万円を請求されたが、裁判前に100万円で和解できた事例。

ご相談者は、25年以上前に交際相手と初めて知り合い、その後親密な関係となりました。もっとも、交際関係は知り合ってから現在までずっと続いていた訳ではなく、交際が途切れていた期間もありました。交際相手の妻(相手方)から、ご相談者への非難とともに慰謝料を請求するとの通知を受け取ったことから、ご相談にいらっしゃいました。相手方は500万円の慰謝料を請求してきました。・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

不倫慰謝料250万円を訴訟で回収した事例

ご相談者は妻の様子に不信を抱くようになり、問いただすと妻は不貞を認めました。ご相談者としては、妻と修復するつもりはなく離婚を考えており、その方向で妻との協議を始めました。そして、このような状況となったことについて不貞相手の責任を追及したいと思っていました。すると、不貞相手へ接触を図る前に、不貞相手の弁護士から通知を受け取りました。不貞相手に弁護士がついたこと・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

元妻本人と減額交渉。280万円→45万円に減額

ご相談者のもとに、交際相手の元妻(=相手方)から内容証明郵便が届きました。内容は280万円の慰謝料を払え、というものでした。ご相談者としては、交際を続けるつもりはありませんでしたし、相手方に申し訳ない気持ちもありましたが、かといって高額をそのまま支払うと約束することもできず、弁護士に相談することにしたのです。当事務所の弁護士は、相手方に対し、離婚協議書の内容・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

交際相手が別居。不倫慰謝料を100万円に減額した事例

ご相談者のもとに、弁護士から内容証明が届きました。200万円の慰謝料のほか、書面での謝罪や接触禁止が要求の内容でした。 ご相談者は、交際相手とは数回だけの関係でしたし、今となってはもう連絡すら取らなくなっていたので、突然届いた内容証明に驚いてご相談に来られたのでした。内容証明には不貞行為についての具体的な事実の指摘がありませんでした。そこで当事務所は、・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士から突然の電話。請求額150万円→50万円で解決した事例

ご相談者、交際相手とその妻は、3人とも会社の同僚でした。ある日、妻の弁護士だと名乗る人物から突然電話が掛かってきました。その内容は、「ご相談者が不倫したことは分かっている、これから離婚する方向だ。慰謝料150万円を払え」というものでした。突然のことにびっくりして、どう対応すればいいかと思ってご相談にお越し頂いたのです。ご相談者としては、交際相手との関係を清算・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

離婚成立前に、不貞相手と慰謝料250万円で公正証書作成

ご相談者は、妻の不貞を知り離婚を希望していましたが、不貞相手(=相手方)にもきちんと責任を取ってもらいたいと思うようになりました。当事務所の弁護士は、相手方に対して電話で交渉しました。相手方は不貞を認めて反省の意を述べたものの、多額の金銭を一括で支払える資力がないと説明し、口外禁止の約束を慰謝料支払いの条件とすることなどを要求しました。一方で、ご相談者として・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料500万円の分割を打診してしまったが、200万円分割払で解決した事例

ご相談者に、相手方弁護士から不倫の件でと連絡が入りました。相手方弁護士から内容証明をどこに送付すればよいかと尋ねられたため、自宅や職場に送られると迷惑がかかってしまうと思い、相手方弁護士の法律事務所に直接受け取りに行くことにしました。内容証明を見ると、妻との不倫(不貞)が10年近く続いている、500万円の慰謝料を支払え、妻に接触するな、などと記載されていまし・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫を暴露され退職。不貞慰謝料300万円を50万円に減額した事例

勤務先上司との不倫がその妻(=相手方)にバレてしまい、相手方が社長に不倫を暴露したことで、ご相談者は会社を辞めることになりました。さらに相手方の弁護士と名乗る人物から電話が掛かってきて、どう対処すればいいのかと思いご相談にお越し頂きました。ご相談者としては、これ以上不倫を続けるつもりは全くありませんでしたし、相手方に対して非常に申し訳なく思う気持ちもありまし・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料500万円にサインさせられたが、交際相手と連帯250万円で減額解決した事例

ご相談者のところに相手方が突然訪問してきて、相手方の妻(=交際相手)との関係を追及してきました。ご相談者は長時間相手方から責められた挙句、不貞関係を認めたうえ慰謝料500万円を払う、支払が遅れたり接触禁止に違反したりした場合には追加で違約金を払う、などという内容の書面にサインさせられてしまいました。 ご相談者は、サインさせられたことに不安になって、当事・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

400万円の不倫慰謝料を請求されたが、80万円で示談解決した事例

不倫慰謝料400万円を払えという弁護士からの通知書が、ご相談者のもとに届きました。その通知書には、ご相談者の不貞により婚姻関係が破壊されたと記載されていました。しかしご相談者は、相手方(=交際相手妻)自身が過去に不倫していたこと、交際相手が相手方から愛情はないと言われていたこと等を、交際相手から聞いていました。そのため、通知書に書かれている内容には納得がいか・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050