不倫バレして誠意を見せろと言われたら? | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ
新型コロナウイルス対策オンライン面談・電話相談 実施中

慰謝料コラム

不倫バレして誠意を見せろと言われたら?

不倫問題で誠意を見せろと言われたときのポイント

はじめに

不倫がバレた場合、相手方(=交際相手の配偶者)からは、具体的な要求を受けることが多いでしょう。

たとえば「不倫慰謝料300万円を払え」、「今後一切連絡を取るな」、「職場を辞めろ」というような内容が、しばしば見受けられます。

ところが場合によっては、次のように抽象的な要求を受けることがあります。

「そんなに反省しているというのなら、口座を教えておきますから、あなたが適切だと思う金額を払ってください。その内容であなたの誠意を量らせてもらいます」、「お金の問題じゃないからこちらから金額を言ったりはしない。どうしたらいいか自分で考えてきちんと誠意を見せろ」・・・など。

このように、「こちらから具体的な内容は言わない。そちらで考えろ、誠意を見せろ」というよう抽象的な要求を相手方から受けた場合、「できるだけのことをしなくては・・・」「この程度だと誠意を疑われてしまうかも・・・」などと考えて、自分から具体的な提案をしてしまう人も多いようです。

しかしながら、このように相手方が抽象的な要求しかして来ないような場合は、まずは相手方の要求内容を具体的にさせることから始めていくべきです。

前提:法的にはお金の問題

前提として最初に認識しておくべきことは、「法的には、不倫問題はお金での解決になる」ということです。

ですから、相手方との争いにおいて着地点として目指すべきところは、金額と支払時期についての合意です。不倫慰謝料を支払うのか支払わないのか、もし支払うのならそれは幾らでいつどのように支払うのか(一括なのか分割なのか)。本質的に重要なのはこれらの点です。

それ以外の内容というのは、金額と支払時期を合意するに当たって考慮されることはありますが、付随的なものです。そのことを忘れると、相手方の様々な要求に振り回された挙句何の解決にもならなかった、という結果になりかねません。

バレている!?そのまま行動するのは危険かも・・

あなたの対応が、後で不倫の証拠になります。

ところで、仮に不倫が相手方にバレているのが確実だとしても、具体的にどこまでの内容がバレているのか、そしてその証拠として相手方がどのようなものを持っているのか、というのはまた別の問題です。もしかしたらですが、相手方は大した証拠を握っていないのかもしれません。

誠意を見せろと言われて、謝罪をしたり、いくらかの金額を払うなりしたりすると、そのこと自体が後で証拠になることがあります。

謝罪したりお金を払ったりしたということは、それだけのことをしなければ事態を処理できないとあなたが考えたからだ(=相手方の主張する不倫が実際にあったからだ)、というようにも見うるからです。

あるいは「誠意があるなら不倫の経緯を全部教えろ」というような要求を受けるかもしれません。

経緯を教えることで相手方の不満が和らいで穏便に済むという可能性も、場合によってはあるのかもしれません。しかし現実には、「私が夫(妻)から聞いている経緯とは違う」などと言われることも多々あります(あなたが嘘をついていなくても、相手方が勘違いしていたり、交際相手が勘違いや嘘を言っていたりすることもありえます)。ある程度の経緯を回答したとしても、相手方がその回答を誠意の現れとして評価してくれるのか?というと、実際にはほとんど期待できないように思われます。

後からさらなる要求が出てくるかもしれません。

もし相手方が「300万円を払え」というような具体的な要求をしてくる場合、示談書を突きつけられてサインさせられることもあります。

(備考)相手方の作った示談書にそのままサインすることは極めて危険です。特に相手方が自分で作ったようなものなら尚更です。不審を感じたらサインせず持ち帰るべきです。

(参照)示談書を作らず口約束で不倫慰謝料を支払ったが・・・

しかし相手方が「誠意を見せろ」というような抽象的な要求をしてくる場合、示談書を作らず支払いだけ要求してくることも多いようです。

きちんとした内容の示談書を作成しないということは、後からさらなる要求が出てくる可能性があるということです。

例えばあなたがなけなしの100万円を支払っても、「そんな金額では全く誠意が感じられない」といって更に追加の請求をしてくるかもしれません。

あるいは、もしかしたら相手方は、もともと50万円くらい払ってもらえば儲けものだと思っていたのに、あなたが100万円を支払ったことで調子に乗り、更なる請求をしてくる可能性もあります。きちんとした内容の示談書を作っておかないと、「示談書に記載された内容の約束さえ果たせばやるべきことは終わり」だと確定できないのです。

(備考2)きちんとした内容の示談書なら、果たすべきことを確定できます。逆に言えば、いくら「示談書」というタイトルが書かれていても、内容がきちんとしていなければ確定できません。そういう「示談書」にサインしてはいけません。その前に弁護士に相談すべきです。

(参照)不倫慰謝料の示談書

要求内容を具体化させて交渉しましょう。

何をどこまで要求するかは、本来相手方が考えるべきことです。

相手方があなたに「配偶者に接触・接近するな」とか「職場を辞めてほしい」などと要求すること自体は自由です。

あなたに対して何をどこまで要求するかは、相手方が自由に決めることができます。「配偶者の不倫相手に慰謝料を請求できる」としても、「請求しなければいけない」わけではありません。そもそも不倫慰謝料を請求するかどうかも、相手方が自由に決めることです。

ですから、まずは相手方に要求内容を確定するよう求めるべきです。相手方が決めたその内容が、今後の交渉のスタートラインになってくるのです。

もちろんあなたとしては、相手方の要求にそのまま応じるのかどうかを検討することができます。仮にあなたが要求を拒否しても、相手方との交渉の結果、話し合いがまとまることもあるでしょう。もしまとまらず、相手方が訴訟提起してきて判決の形で解決となる場合には、金額(お金)だけの話になります。接触しないとか退職といった内容が判決で命じられることはありません。

不倫慰謝料の相場などを踏まえて交渉しましょう。

不倫慰謝料の相場を非常にざっくりといえば、離婚しないなら数十万~100万程度、離婚するなら200万~300万程度といった感じです。

これを踏まえつつ、相手方が離婚しそうなのかどうか、どのような証拠を持っていそうなのかなどの色々な事情を踏まえて、交渉を進めていきます。

その結果として合意に至れば、示談書を作ったうえで、慰謝料を支払うなどの約束を果たしていくことになります。

相手方と交渉できないときは?

相手方と交渉できない場合の典型は、相手方が客観的な婚姻破綻の証拠も示すことなく高額の慰謝料にこだわってくる場合です。

他にも、「不倫の経緯を全て教えろ。それまでは一切示談交渉はできない」と言ってくるような場合などがあります。

このような相手方とは合理的な交渉が困難であり、話し合いを続けても時間の無駄に終わる可能性が極めて高いです。

このような場合は、まず弁護士に相談することをお勧めします。弁護士の法律相談を受ければ、あなたが今後どのように対応すべきか、相手方がどのように対応してきそうかと言った点について助言を得られます。さらに弁護士に依頼すれば、それ以後は弁護士が相手方と交渉していきます。そうすると相手方としても、譲歩するか自分も弁護士を付けるかという選択を迫られることになります。

もし相手方も弁護士を付ければ、まずは弁護士同士で交渉することになります。

その交渉がまとまらなければ、おそらく相手方の弁護士が訴訟を提起してくるでしょう。訴訟になれば、反論内容を記載した書類や証拠を裁判所に提出したり、裁判所での尋問(=裁判所の法廷で事情を聞かれること)へ対応したりすることが必要になります。もっとも実際は、尋問実施前に和解がまとまることが非常に多いです。和解に至らない場合は尋問を経て判決になりますが、そうしたケースはかなり少ないです。

(備考3)尋問以外は、ほぼ弁護士だけで対応できます。なお、判決が出ても控訴があると高等裁判所での訴訟が続きます。しかし、控訴となるケースはほとんどありません。

あなたが弁護士を依頼したのに対して、相手方が弁護士をつけてこない場合もあります。

弁護士はまず相手方と交渉をしてみて、これ以上示談交渉を続けても意味がなさそうだという場合は、交渉を断念して、相手方からの訴訟提起を待つことになるでしょう(場合によっては、相手方に対して債務不存在確認訴訟を提起する方法もありえますが)。

交渉の中で弁護士が相手方に反論すると、相手方からの連絡が途絶えてしまい、結論がうやむやのうちに請求が立ち消えになることもありえます。どうしてそうなるのかというと、①自分が費用を掛けて弁護士を依頼してまで不倫慰謝料などを請求する価値はないと思っている、②かといってあなたに譲歩してまで示談をまとめるつもりもない、ということかと推察されます。

まとめ

相手方は「不倫慰謝料300万円を払え」などという具体的な要求をしてくるとは限りません。「誠意を見せろ」「自分で考えた金額を振り込め」などと抽象的な要求をしてくる相手方と話を続けても、実りのある交渉はまず期待できません。相手方に、まず要求内容を確定するよう求めるべきです。

要求内容が確定したら、相手方がどういう認識や証拠を持っているのか等についても検討しつつ、不倫慰謝料の相場などを踏まえて減額交渉に臨みます。法的には不倫問題はお金での解決になることを念頭に置いておきましょう。さもなければ、相手方からの色々な要求に振り回されるだけで終わってしまいかねません。

相手方の請求内容や言動などから、交渉できない、話し合いにならないと考えられるような場合は、早期に弁護士をつけたうえで対抗していくことをお勧めします。

あなたが弁護士を付けると、相手方も対抗するために弁護士を付けてくる可能性が高まりますし、そうなれば合理的な話し合いが可能になるかもしれません。

「相手方が弁護士をつけると訴訟になる可能性が高くなるのでは?」と心配するかもしれませんが、一概にそうとも限りませんし、相手方と方向性の見えない話し合いを続けるよりは訴訟提起されたほうが結局早く解決できるかもしれません。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料を請求されたけど払えない、どうしたらいい?

はじめに 「不倫で慰謝料300万円を請求された、とてもそんな額は払えない・・・」 「不倫慰謝料500万円と興信所の費用200万だなんて、払えないに決まってるじゃない・・・」 不倫で慰謝料を請求されたが払えない、というご相談が寄せられることも多いです。 悪いことをしたのは自分だからと思ってはいても、払えない金額を突きつけられて、途方に暮れてしまっているかも知れ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

ラブホに入ったけど不貞行為はしていない、何もなかった…で済まされるの?

はじめに 「ラブホに入ったけど何もなかったって言うんです…。そんな言い訳って通用するんですか!?」というご質問を頂くことがあります。 ラブホテルに入ったが不貞行為はなかった(性行為はしなかった)と言い訳されたら、どうしたらいいのでしょうか? ラブホテルに入った≒性行為があった 性行為をするための場所 ラブホテルは性行為をするための場所だというのが一般常識です・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫で妊娠。どうする?慰謝料請求されたらどうなるの?

はじめに 不倫と一言でいっても、実際には色々な交際の形があります。 一夜限り、セフレ関係、結婚(再婚)前提のお付き合い、すでに同棲中、…etc。 いずれにせよ、不倫であなたの妊娠が発覚したなら、今後のことを真剣に考えて対処する必要があります。 今回は、不倫で交際相手の子を妊娠するとどういう問題が出てくるのか、交際相手の妻(=相手方)から請求される不倫慰謝料は・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

肉体関係がなければ不倫慰謝料を払う義務はない?

はじめに 「肉体関係はないから、不倫慰謝料(不貞慰謝料)を払う義務もないですよね?」 そのようなご質問を受けることがあります。 確かに、不倫慰謝料を支払わなくてはいけない典型的なケースは肉体関係がある場合です。 しかし、「肉体関係がなければ慰謝料を支払う義務はない」とは限りません。 婚姻関係を破綻に至らせるような接触→慰謝料の可能性 不倫慰謝料請求は、民法の・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料をいくら払える?法律事務所から回答書が届いたら

回答書が同封されていることも 回答書=不倫慰謝料額などの希望を回答する書面 「回答書」というようなタイトルの書面が不倫慰謝料請求の通知書と一緒に同封されていて、法律事務所へ返送するよう求められることもあるようです。 (便宜上、以下では回答書の呼び方で統一します) 「不倫慰謝料をいくらなら払うつもりがあるのか、どういう形で払えるのか(一括、分割)を教えてほしい・・・

詳しく見る
  • その他

不倫慰謝料事件が終わるまで時間はどれくらい掛かるの?

はじめに 不倫慰謝料事件が解決するまでには、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。 不倫慰謝料を請求するにせよされているにせよ、どうしても気になるところでしょう。 不倫慰謝料の標準的なケースではどれくらい時間が掛かるのか、以下で見ていきましょう。 実際には、相手方のキャラクターや対応に左右される部分も大きいです。 予想よりも時間が掛かってしまったり、話が全く・・・

詳しく見る
  • その他

不倫慰謝料の示談書(請求側・される側双方の視点から)

はじめに 不倫慰謝料問題について話し合って示談することになったら、双方で約束したことを書面にまとめることになります(示談書)。 示談書は示談の証として作成するものですが、その内容や作成経緯によっては、後になって有効性が争いになることもありえます。 はじめに示談書について簡単に説明します。 その後、不倫慰謝料を請求された側/請求する側それぞれの視点から、どのよ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料はどれくらい請求されるの?

はじめに 不倫がバレると、慰謝料を請求されるかもしれません。 そのことは、多くの方がご存じかと思います。 それでは、実際にどれくらいの額が請求されているのでしょうか? 実際には、300~500万円ほどが多く見受けられます。 場合によっては、100万円以下の額を請求されることもありますし、1000万円近くのこともあります。 「請求されている額(=請求額)」は、・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

別居中に堂々不倫する夫。不倫相手に慰謝料請求するときは?

はじめに 「別居して冷却期間を置いているつもりだったが、いつの間にか夫が他の女性と堂々と交際しているようだ」といったケースもあります。 まだ籍を抜いていないのに、夫は夫婦関係が終わったものとして行動しているわけです。 こうした場合の不倫相手への慰謝料請求は、別居していることの影響を検討する必要があります。 前提知識:破綻後の不貞…慰謝料支払い義務なし 既婚者・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料請求を取り下げてほしい…

はじめに Cさんは不倫がばれてしまい、不倫慰謝料を払えという連絡が届いてしまいました。 Cさんは、そのことを交際相手Bに相談しました。 するとBから『請求を取り下げてくれるように、妻Aには自分が頼んでみるから気にしなくていい、放っておいて大丈夫』と言われました。 …このような話を耳にすることも、ままあります。 本当にそのまま放っておいても大丈夫なのでしょうか・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050