二人に内縁破棄&不倫慰謝料請求。500万円→一人当たり105万円に減額 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

解決事例

二人に内縁破棄&不倫慰謝料請求。500万円→一人当たり105万円に減額

交際相手に500万円の不倫慰謝料請求がなされ、その後ご相談者に対し内縁破棄を理由に連帯して500万円を支払えとの請求がなされたが、一人当たり105万円まで減額した事例。

30代

  • 不倫慰謝料を請求された

相談前

ご相談者は、相手方と長期にわたって交際した後、同棲生活を経て結婚式を挙げましたが、考え方の違いから入籍をためらっていました。その不安な気持ちを相談していた男性(Aさん)と関係をもつに至ってしまい、その後同棲を解消しました。相手方の弁護士から、ご相談者とAさんに手紙が届きました。①Aさんへの手紙には、内縁を知って不貞し破綻させたから500万円の慰謝料を支払えという内容が、②ご相談者への手紙には、内縁解消につきどう償うのかという内容が、それぞれ書かれていました。対応に困ったAさんが当事務所に依頼され、後日ご相談者も当事務所にお越し頂いたのでした。

相談後

当事務所は、ご相談者に対する要求内容をはっきりさせるよう求めていきました。その上で、そもそも相手方とご相談者との内縁関係が成立しておらず、したがってAさんとのことも不貞ではないと主張し争っていきました。ただ、本件は、婚約破棄にも該当しうる事件であり、仮に裁判になった場合は、ある程度高額が認められかねない状況でした。また、ご相談者とAさんとしても、早く終息させて落ち着きたい気持ちがありました。そこで交渉の結果、ご相談者とAさんが連帯して210万円を支払う(=一人あたり105万円の負担)という内容で、裁判にならず示談が成立しました。

弁護士からのコメント

入籍はしていなかったものの、同居の事実がありかつ結婚式まで挙げていましたので、内縁もしくは婚約が認められる可能性も小さくはない状況でした。なお、どう償うのかといった抽象的な要求に対して、要求内容を明確にせずに話を進めてしまうと、思いがけず不利な方向に進むことがありますので、まずは相手方が何を請求しているのかを明確にすることが大切です。

参考:不倫バレして誠意を見せろと言われたら

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

200万円の不貞慰謝料を請求されたが、75万円に減額し早期解決した事例。

ご相談者は、交際相手の妻(=相手方)から配達証明で書面を受け取りました。その中には、10日以内に200万円を払え、今後一切夫に接触するな、このことは誰にも言うな、といった内容が書かれていました。書面自体は相手方本人の名義でしたが、その内容を見ると、その背後には何がしかの専門家がいるのではないか、そうだとすると自分で対応するのは不利になるばかりではないかと思い・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫を暴露され退職。不貞慰謝料300万円を50万円に減額した事例

勤務先上司との不倫がその妻(=相手方)にバレてしまい、相手方が社長に不倫を暴露したことで、ご相談者は会社を辞めることになりました。さらに相手方の弁護士と名乗る人物から電話が掛かってきて、どう対処すればいいのかと思いご相談にお越し頂きました。ご相談者としては、これ以上不倫を続けるつもりは全くありませんでしたし、相手方に対して非常に申し訳なく思う気持ちもありまし・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

25年以上不倫したとして慰謝料500万円を請求されたが、裁判前に100万円で和解できた事例。

ご相談者は、25年以上前に交際相手と初めて知り合い、その後親密な関係となりました。もっとも、交際関係は知り合ってから現在までずっと続いていた訳ではなく、交際が途切れていた期間もありました。交際相手の妻(相手方)から、ご相談者への非難とともに慰謝料を請求するとの通知を受け取ったことから、ご相談にいらっしゃいました。相手方は500万円の慰謝料を請求してきました。・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料と弁護士費用で330万円を請求されたが、70万円に減額和解した事例

ご相談者の元に、不倫相手の妻(=相手方)の弁護士から内容証明が届きました。ご相談者の不倫のせいで婚姻関係が修復困難となった、慰謝料と弁護士費用を合わせた330万円を1週間以内に振り込め、という内容でした。ご相談者としては不倫を続ける意思は全くなく、相手方に対して非常に申し訳なく思っており、合理的な金額を支払う内容での示談を希望していました。当事務所の弁護士は・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

相手方離婚。不倫慰謝料を120万円に減額し和解した事例

ご相談者は、既婚女性と交際していました。ある日、「250万円の不倫慰謝料を支払え」と、弁護士を名乗る人物から電話がありました。 ご相談者としては、女性の夫に対して不倫慰謝料を支払わなければいけないことは分かっているが、本当にそのような金額を支払わなければならないのか、今後どのように対応していけばいいのか、と思って当事務所にお越し頂いたのです。当事務所の・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

肉体関係を否定したうえで早期に和解した事例

ご相談者は、相手方から、相手方の妻と肉体関係を持ったと疑われて、これから不貞慰謝料を請求するつもりだと通告され、ご相談にいらっしゃいました。 ご相談者が相手方から聞いたところによると、①相手方は離婚に向け夫婦間で話し合っており、②相手方の妻とご相談者がビジネスホテルの一室で夜から朝にかけて一緒に過ごしたことについての証拠を相手方が押さえているようだ、とのこ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

既婚者と知らず…請求額200万→5万で示談

ご相談者は、とある男性と知り合いました。男性は、彼女はいるが全然会えていないと言っていました。一度だけ肉体関係を持ったのですが、その後ふとしたことから、男性が実は既婚者だということが分かりました。 後日、男性からどうしても会いたいと言われ仕方なく赴いたところ、男性の妻(=相手方)が待ち構えていました。相手方はご相談者を一方的に責めてきて、既婚者だと知ら・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

180万円の不倫慰謝料を訴訟なしで早期回収した事例

ご相談者は、最近妻の様子がおかしいと思い、妻のケータイを見たところ、ある男性との露骨なやり取りが次々と出てきました。妻との離婚問題はともかくとして、まずはその男性に責任を追及したいと思ってご相談にお越しいただきました。相手方本人に請求内容を告げたところ、相手方は弁護士をつけて対抗してきました。 相手方弁護士からの提示額は低すぎて、ご相談者としては全く納得で・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

浮気相手の住所を突き止め不倫慰謝料120万円を早期回収した事例

 結婚直後に夫が置手紙をして蒸発。LINEのやりとりによると、夫が仕事上の付き合いがあった既婚女性と不貞関係にあるようでした。  夫が勝手に家を出て行方が全く分からないため、夫との離婚をどうするか、夫と女性に対する慰謝料請求ができないかということで、ご相談にいらっしゃいました。もっとも、夫は仕事も放置して行方不明となっていましたし、女性については名前と電話・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

離婚成立前に、不貞相手と慰謝料250万円で公正証書作成

ご相談者は、妻の不貞を知り離婚を希望していましたが、不貞相手(=相手方)にもきちんと責任を取ってもらいたいと思うようになりました。当事務所の弁護士は、相手方に対して電話で交渉しました。相手方は不貞を認めて反省の意を述べたものの、多額の金銭を一括で支払える資力がないと説明し、口外禁止の約束を慰謝料支払いの条件とすることなどを要求しました。一方で、ご相談者として・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050