二人に内縁破棄&不倫慰謝料請求。500万円→一人当たり105万円に減額 | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ

解決事例

二人に内縁破棄&不倫慰謝料請求。500万円→一人当たり105万円に減額

交際相手に500万円の不倫慰謝料請求がなされ、その後ご相談者に対し内縁破棄を理由に連帯して500万円を支払えとの請求がなされたが、一人当たり105万円まで減額した事例。

30代

  • 不倫慰謝料を請求された

相談前

ご相談者は、相手方と長期にわたって交際した後、同棲生活を経て結婚式を挙げましたが、考え方の違いから入籍をためらっていました。その不安な気持ちを相談していた男性(Aさん)と関係をもつに至ってしまい、その後同棲を解消しました。相手方の弁護士から、ご相談者とAさんに手紙が届きました。①Aさんへの手紙には、内縁を知って不貞し破綻させたから500万円の慰謝料を支払えという内容が、②ご相談者への手紙には、内縁解消につきどう償うのかという内容が、それぞれ書かれていました。対応に困ったAさんが当事務所に依頼され、後日ご相談者も当事務所にお越し頂いたのでした。

相談後

当事務所は、ご相談者に対する要求内容をはっきりさせるよう求めていきました。その上で、そもそも相手方とご相談者との内縁関係が成立しておらず、したがってAさんとのことも不貞ではないと主張し争っていきました。ただ、本件は、婚約破棄にも該当しうる事件であり、仮に裁判になった場合は、ある程度高額が認められかねない状況でした。また、ご相談者とAさんとしても、早く終息させて落ち着きたい気持ちがありました。そこで交渉の結果、ご相談者とAさんが連帯して210万円を支払う(=一人あたり105万円の負担)という内容で、裁判にならず示談が成立しました。

弁護士からのコメント

入籍はしていなかったものの、同居の事実がありかつ結婚式まで挙げていましたので、内縁もしくは婚約が認められる可能性も小さくはない状況でした。なお、どう償うのかといった抽象的な要求に対して、要求内容を明確にせずに話を進めてしまうと、思いがけず不利な方向に進むことがありますので、まずは相手方が何を請求しているのかを明確にすることが大切です。

参考:不倫バレして誠意を見せろと言われたら

その他の解決事例

  • 不倫慰謝料を請求された

肉体関係を否定したうえで早期に和解した事例

ご相談者は、相手方から、相手方の妻と肉体関係を持ったと疑われて、これから不貞慰謝料を請求するつもりだと通告され、ご相談にいらっしゃいました。 ご相談者が相手方から聞いたところによると、①相手方は離婚に向け夫婦間で話し合っており、②相手方の妻とご相談者がビジネスホテルの一室で夜から朝にかけて一緒に過ごしたことについての証拠を相手方が押さえているようだ、とのこ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料300万円を請求されたが、60万円に減額して和解した事例。

不倫がバレてしまい、ご相談者は、交際相手、その妻と三者間で話し合いをしました。その際、妻は離婚するつもりだと話していましたが、話し合いの具体的な結論は結局出ませんでした。その後、妻から深夜に何十件も電話を掛けてこられ、「夫にもう会うな」などと要求されました。 そして、ついには妻の弁護士から内容証明が届きました。その中には、300万円の不倫慰謝料を支払っ・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

W不倫で慰謝料600万を請求されたが、220万に減額し求償も同時決着した事例

妻のいるご相談者は、人妻である不倫相手とW不倫の仲でした。ご相談者は、不倫相手の夫の弁護士から不倫慰謝料を請求されて、ご相談にお越しいただきました。弁護士は、そもそも離婚は本当なのか、仮に本当だとして不倫相手が夫に慰謝料を支払う形で合意していないか、を確認しようとしました。離婚にならない場合の慰謝料額はそもそも低額になりますし、不倫相手が夫に慰謝料を実際に支・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料と弁護士費用で330万円を請求されたが、70万円に減額和解した事例

ご相談者の元に、不倫相手の妻(=相手方)の弁護士から内容証明が届きました。ご相談者の不倫のせいで婚姻関係が修復困難となった、慰謝料と弁護士費用を合わせた330万円を1週間以内に振り込め、という内容でした。ご相談者としては不倫を続ける意思は全くなく、相手方に対して非常に申し訳なく思っており、合理的な金額を支払う内容での示談を希望していました。当事務所の弁護士は・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料500万円を請求されたが、100万円に減額して和解した事例

ご相談者は、交際相手の妻の弁護士を名乗る人物から、不倫の件で話がしたいというメッセージが携帯電話に入っていることに気づきました。突然のことでどのように対応して良いか分からず、ご相談に来られました。  妻の弁護士は、ご相談者の悪質性を強調して500万円を請求するとともに、夫に二度と接触しないことを約束せよ、と要求してきました。 弁護士は、・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

夫に連絡しないと約束させ不倫慰謝料60万円を回収した事例

 ご相談者は、夫の浮気を疑い、LINEのメッセージを見たところ、職場の女性と肉体関係を持っていることが明らかになりました。  ご相談者としては、何よりもまず夫とその女性との関係を断たせたいと思って、ご相談に来られました。 弁護士は、女性に連絡して、ご相談者が大きな精神的苦痛を受けており慰謝料を請求する意向があること、但し今後夫との関係を断つのであれば謝料額・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

200万円の不貞慰謝料を請求されたが、75万円に減額し早期解決した事例。

ご相談者は、交際相手の妻(=相手方)から配達証明で書面を受け取りました。その中には、10日以内に200万円を払え、今後一切夫に接触するな、このことは誰にも言うな、といった内容が書かれていました。書面自体は相手方本人の名義でしたが、その内容を見ると、その背後には何がしかの専門家がいるのではないか、そうだとすると自分で対応するのは不利になるばかりではないかと思い・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士から300万円を請求されたが、70万円で示談した事例

ご相談者のもとに、不倫慰謝料150万円を払えという内容の書面が法律事務所から届きました。そこで法律事務所に連絡すると、電話に出た弁護士から「離婚する方向になったので300万円を請求する」と言われてしまいました。ご相談者はびっくりして、当事務所へご相談されることとなったのです。 相手方弁護士からの書面には、不貞の具体的事実が記載されていませんでした。・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士から突然の電話。請求額150万円→50万円で解決した事例

ご相談者、交際相手とその妻は、3人とも会社の同僚でした。ある日、妻の弁護士だと名乗る人物から突然電話が掛かってきました。その内容は、「ご相談者が不倫したことは分かっている、これから離婚する方向だ。慰謝料150万円を払え」というものでした。突然のことにびっくりして、どう対応すればいいかと思ってご相談にお越し頂いたのです。ご相談者としては、交際相手との関係を清算・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

弁護士に請求され80万円払うと回答したが、最終的に55万円で解決した事例

ご相談者のもとに、不倫慰謝料200万円を払えという内容の書面が法律事務所から届きました。書面には、ご相談者の意向を尋ねる回答書が同封されていました。ご相談者は80万円を希望すると記載して返送しました。200万円という金額は高額すぎると考えましたが、不倫のことは申し訳なく思っていたのです。 後日、法律事務所から改めて書面が届きました。そこには、80万円を頭金・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050