不倫慰謝料請求を取り下げてほしい… | 慰謝料請求に強い弁護士

  • 0358354050受付時間 平日9:00~20:00
  • お問い合わせ
新型コロナウイルス対策オンライン面談・電話相談 実施中

慰謝料コラム

不倫慰謝料請求を取り下げてほしい…

慰謝料請求を取り下げてほしい

はじめに

Cさんは不倫がばれてしまい、不倫慰謝料を払えという連絡が届いてしまいました。

Cさんは、そのことを交際相手Bに相談しました。

するとBから『請求を取り下げてくれるように、妻Aには自分が頼んでみるから気にしなくていい、放っておいて大丈夫』と言われました。

…このような話を耳にすることも、ままあります。

本当にそのまま放っておいても大丈夫なのでしょうか?

特に相手方(=交際相手の妻/夫)に弁護士が付いている場合、連絡を無視して放っておくと、請求を取り下げてもらえるどころか、逆に訴えられてしまう可能性が高くなります。

弁護士が付いていない場合でも、「反省していない」と相手方に思われてしまい、弁護士を付けて訴えてきたりするかもしれません。

不倫慰謝料の「請求を取り下げてもらう」ことは、「今後請求されないと確定する」ことと同じではありません。

誤解しないよう、注意が必要です。

不倫慰謝料請求を取り下げてくれるよう、交際相手が何とかしてくれる?

交際相手を信用しすぎるのは危険

不倫慰謝料請求を受けた側からすると、交際相手に色々言いたくなるかもしれません。

「夫婦仲は破綻していると聞いたから関係を続けてきたのに、私のせいで破綻したという通知が届くなんて…。」

交際相手に「あなたの責任で何とか請求を取り下げさせて」と言いたくなるのも、気持ちは分からなくはありません。

交際相手から相手方に、取り下げるよう色々手を回してくれて、それが功を奏するかもしれません。

しかし実際には、相手方とあなたとの両方に交際相手がいい顔をした挙句、結局取り下げてもらえなかった、という話もしばしば耳にするところです。

不倫の責任を否定して逃げ回っているように見られるかも

相手方は、他ならぬあなたに対して不倫慰謝料を請求しています。

相手方が聞きたいのは、あなたの回答です。

それなのに、自分の配偶者(=交際相手)が間に入ってきて、請求を止めるよう言ってきたり、あなたの言い分を代弁してきたりされてしまいます。

「交際相手が言ってくれているのだから任せておこう」

そしてあなた自身では回答しないというのも、気持ちは分からなくはありません。

しかし、相手方としては「不倫の責任を認めず逃げ回っている、全く反省していない」と受け止めるかもしれません。

誠実に対応していないと受け止め、さらに強い態度に出てくることも予想されます。

今度は弁護士を入れてきたりするかもしれません。

また、いきなり訴えられるかもしれません。

(備考)あなたにとっては「いきなり」でも、相手方は「十分に時間の余裕は与えたのに、回答しなかったからだ」と考えているかもしれません。

訴えられた後は特に注意

不倫慰謝料の訴訟を提起された後で、「訴えを何とか取り下げてもらってほしい」と交際相手に頼む人もいるでしょう。

交際相手の働きかけが不調に終わり、かつあなたが訴訟を無視しているとします。

この場合、いわゆる欠席判決となって相手方の言い分どおりの判決が下されてしまう可能性もありえます。

あるいは交際相手の働きかけが奏功して、相手方が一度訴えを取り下げたとします。

取り下げただけでは、再度同じ内容の訴えを提起することが可能です。

一度は訴訟から解放されたとしても、「不倫慰謝料を請求されない」ということは、確定していないのです。

どこかで見切りを

請求を取り下げてもらうよう、交際相手にとりなしてもらうのは一つの方法です。

しかし、交際相手に任せきりで一切対応せず、訴状を無視して欠席判決となり確定してしまったというのでは元も子もありません。

事態の推移にはよく注意をしておき、どこかの段階で見切りをつける必要があります。

あなた自身で対応を開始し、きちんと問題を解決するよう進めて行くしかありません。

取り下げてもらうというのは、「問題を保留にする」という意味にすぎないからです(次項で述べます)。

交際相手の説得に期待をかけるにしても、端的に言えば、どんなに遅くとも訴えられた場合には、見切りをつけるべきです。

不倫慰謝料請求の取り下げについて

取り下げ=未確定

不倫慰謝料請求を取り下げてもらう。

これは、示談や和解が成立して争いが終わる場合とは、全く違います。

  • 例①示談交渉中の取り下げ
     相手方から慰謝料請求の通知が来た。請求を取り下げてもらうよう交際相手に頼んだら、相手方からの連絡が来なくなった。
  • 例②訴訟の取り下げ
     相手方から不倫慰謝料を払えと訴えられた。交際相手に頼んだら、訴えが取り下げられた。

不倫慰謝料請求が、示談や和解が成立して終わる場合があります。

「あなたは相手方に対し再度不倫しないと約束する。相手方はあなたに今回の件で慰謝料を請求しないと約束する」

この場合、今回の件で慰謝料を請求されないということが確定します。

しかし、例①や例②のように「請求を取り下げてもらった」というのは違います。

「請求のことを現時点ではそれ以上言わない」というだけです。

「今回の件で慰謝料を請求されない」と確定したわけではありません

示談交渉中の取り下げ

交際相手がうまくとりなしてくれれば、相手方からの連絡が来なくなるかもしれません。

いずれ不倫慰謝料問題のことも忘れてもらえるかもしれません。

しかし、示談書を作って合意したわけではありません。

後からまた相手方からの連絡が来て請求が再開されるかもしれないリスクはあります。

連絡が来なくなり、ほとぼりが冷めたと思って交際相手との交際を再開することも、あるかもしれません。

今度こそは、相手方がさらに強い態度で(最初の不倫と合わせて)慰謝料を請求してくるかもしれません。

訴訟の取り下げ

訴えは、判決が確定するまでは取り下げることができます。

訴訟を取り下げた場合でも、再度同じ訴えを提起することも可能です(終局判決があった後に取り下げた場合は例外)。

訴訟の呼出状を裁判所から受け取ってびっくりし、交際相手から相手方に訴えを取り下げてもらうよう働きかけてもらいました。

そして首尾よく、第1回目の裁判の前に訴えを取り下げてもらえたとします。

この場合でも、相手方は、気が変わればまた同じ訴訟を提起することが可能です。

備考:交際相手の責任は別問題

「請求を取り下げさせてほしいと交際相手に頼んでいる」

こう言う人を見ていると、「こんなこと(=相手方から慰謝料請求を受ける事態)になったのは交際相手のせいだ」という思いを強く抱いている方が多いように見受けられます。

しかし誰のせいであろうと、相手方が慰謝料請求をしてきているのは、あなたに対してです。

あなたが、自分の問題として解決すべき事柄です。

もちろん、あなたとしては交際相手に対して色々と言いたいことはあるかもしれません。

しかし、それは別の問題として、交際相手に対して言うべきことです。

(もっとも「既婚だと一切知らなかった」というように、交際相手だけでなく相手方にも言うべきこともありますが)

「相手方からの請求を取り下げさせる」という形で交際相手に責任を追及するのはおすすめしません。

相手方からの請求に粛々と対処した後で、別途交際相手への追及を考えるべきです(交際相手への求償請求など)。

そのほうが、結局は有益であることが多いように思われます。

まとめ

「不倫慰謝料請求を取り下げてくれるよう相手方を説得してみる」と交際相手が言ってくれるかもしれません。

しかし、盲目的に交際相手に任せっきりというのは危険です。

交際相手は「自分が何とかする、大丈夫」と言ってくれるかもしれません。

しかし、訴えられたのを放置して欠席判決となり確定してしまったというのでは、目も当てられません。

交際相手が何とか上手くとりなしてくれれば、大事にならずに済むかもしれません。

しかし実際には、交際相手があなたと相手方との板挟みになってしまうことが多いです(双方に良い顔をして)。

相手方を説得できないまま時間だけが過ぎてしまいます。

そして相手方はあなたが逃げ回っている、誠意がないなどと反感を募らせる、ということもしばしばです。

交際相手の行動に期待するのは、どんなに長くても訴訟になるまで、としておくべきです。

もし請求を取り下げてもらったとしても、再度改めて請求される可能性もあります。

問題がきちんと解決したわけではありません。

請求を受けた段階で相手方と向き合って話し合いましょう。

できれば示談で、そうでなくても訴訟で、きちんと最終的に解決できるよう進めて行きましょう。

弁護士を付けて交渉していけば、相手方と直接話す必要はなくなります。

訴えられる前に示談で解決できるかもしれません。

訴訟になっても、和解判決という形での終局的な解決が可能です。

「不倫慰謝料請求を取り下げさせてほしい」と言うだけで交際相手に丸投げしてしまう。

その気持ちは分からなくはありませんが、かなり危険だということは理解しておきましょう。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

  • 不倫慰謝料を請求された

不倫バレして誠意を見せろと言われたら?

「誠意を見せろ」などと抽象的な要求を受けたとき、要求を具体的に特定せず進めてしまうと、後から追加で請求を受けてしまうなど重大な不利益を被ってしまう可能性もあります。

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料請求調停の連絡が裁判所から届いたら?

はじめに 「不倫慰謝料を請求されて話し合っていたが、その件で調停を申し立てられたという手紙が裁判所から届いた。どうしたらいいの?」 そういうご相談がたまにあります。 裁判所からの連絡(「不倫慰謝料調停の期日に来てください」という呼出状)は放置していいのでしょうか?不倫慰謝料調停には一応行くべきなのでしょうか? 結論をいえば、自分自身で不倫慰謝料調停に行くメリ・・・

詳しく見る
  • その他

不倫がバレるきっかけ、トップ3は?

はじめに そもそもどんなきっかけで、不倫がバレるのでしょうか? 不倫がバレたきっかけを当事務所のご相談内容から分析すると、トップ3はつぎのとおりでした。 ①交際相手が配偶者にスマホなどを見られた ②不倫を問い詰められた交際相手が認めた ③交際相手と一緒にいるところを探偵に撮られた ①交際相手がスマホなどを見られた… 知られたかもしれない情報 交際相手とのやり・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

示談書なく口約束で不倫慰謝料を支払って大丈夫?

示談書を作らず口約束で済ませると、後で争いが生じたりする可能性があるため望ましくありません。交渉結果をきちんと示談書にまとめてから支払うべきです。

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

肉体関係がなければ不倫慰謝料を払う義務はない?

はじめに 「肉体関係はないから、不倫慰謝料(不貞慰謝料)を払う義務もないですよね?」 そのようなご質問を受けることがあります。 確かに、不倫慰謝料を支払わなくてはいけない典型的なケースは肉体関係がある場合です。 しかし、「肉体関係がなければ慰謝料を支払う義務はない」とは限りません。 婚姻関係を破綻に至らせるような接触→慰謝料の可能性 不倫慰謝料請求は、民法の・・・

詳しく見る
  • その他

不倫でも本気だった…離婚しない交際相手に慰謝料請求できる?

はじめに Aに配偶者Bがいることを知っているけれど、「Aはもうすぐ離婚できるみたいだ、そうしたら自分と結婚してくれる」と思って交際を続けているCさんがいるとします。 このCさんのように、既婚者である交際相手Aから「離婚してあなたと結婚するつもりだ」と聞かされていたのに、全く離婚の話が進んでいる様子がなく、聞いてもはぐらかされてしまう。結果として何年も付き合っ・・・

詳しく見る
  • その他

不倫の求償権請求をするorされたときには弁護士をつけたほうがいいの?

  はじめに ABが夫婦で、Bの不貞相手がCだとします。 不倫慰謝料をAがCに請求し、その問題は決着がつきました。 その後でCがBに請求するのが、求償権の請求です。 求償権の請求は、不倫慰謝料を最終的にどちらがどれだけ負担するかという問題です。言ってみれば不倫交際の後始末の問題です。 求償権請求の問題については、弁護士をつけずにCB二人が話し合って・・・

詳しく見る
  • その他

不倫慰謝料請求と訴訟告知

不倫慰謝料請求訴訟で被告から訴訟告知を受けた場合、その訴訟に参加するもしないもあなたの自由です。参加しなかった場合でも判決内容を後から争うことはできなくなります。

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求したい

不倫相手が未成年。慰謝料は誰に請求できる?

はじめに 不倫相手が未成年というと「えっ?」と思われるかもしれません。しかし、「女子高を出て新卒で入ってきた子に夫が手を出していた」、「大学職員である妻が、大学生と肉体関係を持っていた」というケースもありえます。 あなたが不倫慰謝料を請求するとして、いかにもお金の無さそうな未成年の不倫相手本人に請求するしかないのでしょうか。お金を持っていそうな親に請求できな・・・

詳しく見る
  • 不倫慰謝料を請求された

不倫慰謝料を請求されたけど払えない、どうしたらいい?

はじめに 「不倫で慰謝料300万円を請求された、とてもそんな額は払えない・・・」 「不倫慰謝料500万円と興信所の費用200万だなんて、払えないに決まってるじゃない・・・」 不倫で慰謝料を請求されたが払えない、というご相談が寄せられることも多いです。 悪いことをしたのは自分だからと思ってはいても、払えない金額を突きつけられて、途方に暮れてしまっているかも知れ・・・

詳しく見る
離婚のご相談 Consultation
03-5835-4050