墨田区・台東区・江東区・江戸川区の離婚・男女問題弁護士へ

女性のための離婚相談

離婚を考えている場合

女性にとって離婚は非常に勇気がいることです。

しかし,ご自身のため,またお子様のために,離婚を決断すべき場合もあると思います。

離婚したいけれど,離婚した後の生活がどうなってしまうのか分からないので一歩が踏み出せない,という場合もあるでしょう。

確かに,離婚するにはその後の生活のことも考える必要があります。

具体的には,

今後,別居したら,生活費はどうなるのか?

離婚するとすれば,夫から養育費がいくらもらえるのか?

慰謝料や財産分与がどうなるのか?

いま住んでいる家はどうなるのか?

などの経済的な面抜きに離婚問題に向き合うことはできません。

 

さらに,実際に離婚する場合は,少しでも有利な条件で離婚するための準備も必要です。

離婚するかどうか迷っている場合は,夫婦カウンセラーに相談するという方法もあるかもしれません。その場合でも,精神面でのサポートは受けられると思います。

しかし,いざ離婚すると決めた場合には,その時点で弁護士に相談することが多いようです。

また,弁護士に相談して初めて,経済的な現実に直面し,離婚自体を考えなおさなければならない場合もあります。

弁護士にご相談する時期についてですが,なるべく早いほうがおすすめです。早期に相談しておくことにより,あらかじめ何をしておくべきかを助言させていただくことができますので,有利に早期に解決できる可能性があります。 

離婚を要求されている場合

ご主人から,突然離婚してほしいと言われ,ご相談にいらっしゃる方も少なくありません。

特に専業主婦をされている場合,いきなり離婚となれば,精神的な拠り所のみならず,経済的にも非常に厳しい状態に陥ることも少なくありません。

ご主人が離婚を切り出したということは,ご主人側ではすでに弁護士に相談するなど,それなりの準備をしている場合が多いです。したがって,ご主人に1人で対応するのは,精神的につらいばかりでなく,条件面でも不利になってしまう可能性があります。

離婚を切り出されたような場合は,早期に弁護士にご相談になることをおすすめします。

離婚問題を多数経験している弁護士であれば,そのような場合にご主人が取りうる言動などを予測して,どうすべきかについて,具体的に助言することが可能です。

また,精神的につらい状況では,まともな判断ができず,お子様がいらっしゃる場合にはお子様にも影響が出てしまうこともあります。弁護士は,精神面でもしっかりサポートし,味方になりますので,精神的な面でもかなり楽になると思います。

弁護士イコール裁判ではありません。ご主人からのご提案内容によっては,離婚を選択するほうがいい場合もあります。そのような場合でも,提案内容を精査し,今後の生活のために追加して合意すべき点について交渉したうえで,約束がきちんと履行されるよう,公正証書等を作成すべきです。

また,ご主人から弁護士への相談を禁じられることもあるかもしれませんが,そういう時こそ,弁護士に相談すべきです。弁護士は,事案に応じて臨機応変に対応しますので,お困りの際は,まず,ご相談してみることをおすすめいたします。

 

当事務所には,離婚問題を多数経験した弁護士が在籍しております。

また,夫婦認定カウンセラーの資格を取得した弁護士もおりますので一度ご相談になることをおすすめいたします。

main-foot
tel josei dansei 慰謝料請求専門サイト
相談票ダウンロード
限られた時間の中で充実したご相談をお受けするため、ご来所の前に相談票の記入と送付をお願いしております。下記からダウンロード後に必要事項を記入し、FAX もしくはメール添付にてご返送下さい。
excel

離婚問題全般

事務所案内

image 秋葉原よすが法律事務所
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A

TEL:03-5835-4050

(電車)秋葉原駅(JR山手線、JR総武・中央線各駅停車、東京メトロ日比谷線)より徒歩約10分浅草橋駅(JR総武・中央線各駅停車)西口より徒歩約4分
(バス)台東区循環バス「南めぐりん」柳北スポーツプラザ停留所より徒歩約1分
tel

離婚コラム

PAGETOP
Copyright © 秋葉原の弁護士による離婚相談所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.